東京ゲームショウ2017・公式コスプレイヤーレポ!

東京ゲームショウ2017・公式コスプレイヤーレポ!
Tokyo_Motsura

Tokyo_Motsura

レポート

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年9月21日〜24日に開催された東京ゲームショウ2017。
その、東京ゲームショウの見どころのひとつが、コスプレだ。
各ブースには公式コスプレイヤーが登場し、華やかにイベントを飾った。

ゲームの中から飛び出した、公式コスプレイヤーたち

(C)2017 KONGZHONG JP All Rights Reserved.

コスプレイヤー目当てで来場する人がいるほど、東京ゲームショウのコスプレは盛り上がる。
そのコスプレイヤーを大きく分けると2種類。
一般公開日に自主的に参加する一般コスプレイヤーと、各メーカーが契約してブースに登場する公式コスプレイヤーだ。
公式コスプレイヤーは、メーカーがゲームのイメージに似合う人を見つけ、資料に従った衣装を制作し、それを着て登場するので、まさにゲームの中から飛び出したような迫力や美しさがある。
日本発祥のコスプレ文化だが、海外のメーカーも積極的に取入れている。
中国に本社のあるコンゾンのブースでは、ブースの角となる部分にあるガラスケースの中に、コスプレイヤーが出現した。
ガラスのケースがモニターをイメージさせて、コスプレがゲームと現実の中間点であることをイメージさせる演出だった。

一緒に撮影もできる!

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

どのコーナーのコスプレイヤーも、快く撮影に応じてくれる。
中には、コスプレイヤーとのツーショット写真を撮影してくれる時間やスタッフを設けてくれるメーカーも。
コーエーテクモゲームスの『真・三國無双8』のコーナーにいた公式コスプレイヤーとは、一緒に写真撮影するための、吹き出しやお面などの小道具が用意されていた。
コーエーテクモゲームスは一般コスプレイヤーを対象に、「コーエーテクモ コスプレコンテストin TOKYO GAME SHOW 2017」も開催した。
また、新しいゲームのキャラクターのコスプレが観られるのも、ゲームショウでの公式コスプレイヤーの特徴だ。
バンダイナムコエンターテインメントのブースには、来年発売予定の新作ゲーム『CODE VEIN』の登場キャラ、ミアが登場。
特徴的である巨大な武器なども、設定に忠実に作られていて見応えがあった。

まるで竜宮城!?絢爛なコスプレショー!

(C)6waves All Rights Reserved.

6wavesのブースでは、美しいコスプレ美女が一堂に会するコスプレショーが催された。
エキゾチックでファンタスティックな衣装に身を包んだ美女が上下に並んだ様子は、まるでおとぎ話の宮廷にでも来たような気分になった。
今年のゲームショウでもVRやARなどと言った技術が展示されたが、コスプレもある意味、そういった現実を拡張させ、体感させるものなのかも知れない。
【INFO】
■「カプコン」公式サイト:http://www.capcom.co.jp/
■「コンゾンジャパン」公式サイト:http://kongzhong.co.jp/
■「コーエーテクモゲームス」公式サイト:https://www.gamecity.ne.jp/index.html#top
■「バンダイナムコエンターテインメント」公式サイト:https://bandainamcoent.co.jp/
■「6waves」公式サイト:http://6waves.jp/

※本ページ掲載内容は2017年9月22日時点での情報によるものです。