京まふレポート~ピックアップタイトルをご紹介!~

京まふレポート~ピックアップタイトルをご紹介!~
Kyoto_Oga

キャララボライター

Kyoto_Oga

レポート

京都国際マンガ・アニメフェア2017(以下、京まふ)では過去最多となる81社が出展し、ブースにおいてさまざまなグッズ販売や催し物が行われました。

その中からオススメのブースをピックアップしましたので、ご紹介します。

ブースご担当者さんの想いやお客さんのインタビューに至るまで、現場での生の声をレポートします!

KADOKAWA

「京都らしさ」という意味で、一番こだわりを感じたのがこのKADOKAWAのブースです。

担当者さんいわく、和室から見える日本庭園を演出し、その細部に至るまで京都らしさにこだわったそうです。

写真では見えにくいのですが、上の写真の『魔法陣グルグル』のパネルの前にある枯山水をイメージした砂場に、魔法陣が描かれています。
また、正面から見て、左サイドには伝統老舗京和傘工房・日吉屋さんと『文豪ストレイドックス』がコラボした和傘や掛け軸型手ぬぐいが展示してあります(写真下)。
そして、一番左下にあるのは、江戸時代からの伝統受け継ぐ豊和堂の日本画絵師による作品だそうで、人気キャラクターの中原中也が描かれています。
『バチカン奇跡調査官』のパネルとミニ和傘の耽美な雰囲気も京都風展示に見事に馴染んでいました。

すべての展示が「京都」に結びつくものばかりで、見ているだけでその世界観に引き込まれる、感動的な展示物でした。

こちらのブースでは『文豪ストレイドックス』や『ラブライブライブ!サンシャイン!!』などのグッズを多数販売しており、多くの方でにぎわっていました。

©2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員
©衛藤ヒロユキ/SQUARE ENIX・「魔法陣グルグル」製作委員会
©2017 藤木稟・THORES柴本/KADOKAWA/「バチカン奇跡調査官」製作委員会

■KADOKAWA公式サイト
http://www.kadokawa.co.jp

SQUEAR ENIX

男女ともに人気がある「SQUEAR ENIX」ブースでは外国人も足を止め、かわいいグッズに手を伸ばしていました。
特に人気なのが京まふから発売スタートとなった『月刊少女野崎くん』の新作グッズ(写真左下)。
アクリルキーホルダー、缶バッチに加え、数量限定のカフェバッグとポーチの特別セットも発売!佐倉千代のゆるい表情がたまりません!

また、このブースでは、大人気コミックスの先生直筆のサイン本が、なんと11タイトルもラインナップ!
午前中に早々と完売してしまったものもありました。
横には『魔法陣グルグル』のパネルを背景に写真を撮れるスペースがあり、家族連れでにぎわっていました。

■SQUEAR ENIX公式サイト
http://www.jp.square-enix.com

タマ&フレンズ〜うちのタマ知りませんか?〜

タマが住んでいる三丁目の公園をイメージした当ブース。
11時・13時・15時になるとグリーティンングとしてタマが登場!
写真を撮ろうと多くの人が足を止めていました。
タマは女性だけでなく、男性や子供にも大人気でしたよ。

壁にかかっていたモニターには、擬人化したタマやポチのイラストが紹介されていて、今後の展開に期待が高まる内容となっていました。
詳しい情報は公式サイト、ツイッターで随時、発表になるとのことなので、ぜひ楽しみにしてください!

©Sony Creative Products Inc./Tama & Friends Project

■タマ&フレンズ~うちのタマ知りませんか?〜公式サイト
http://www.scp.co.jp/Tama/
https://twitter.com/tama_friends

京都らしいコラボ特集

ブースの垣根を取り払って、京まふで見られた京都らしいグッズやイベントをご紹介します。

まずは、京都で約250年続く老舗酒造メーカーの白糸酒造のお酒とアニメのコラボグッズです(写真左上)。
「アニメ好きが高じて、商品化に至りました。」と語る代表者さん。
珍しいコラボレーションということもあって、多くの方がお土産にと購入されていました。お酒があまり飲めないという方におすすめなのが、「刀剣乱舞-ONLINE-梅スパークリング」です。
アルコールが6%と控えめな上、爽やかで飲みやすいと評判だそうです。
キャラクターの絵柄の特製特大キープ札が付いているので、ファンならぜひ購入したい商品ですね。
今回、購入できなかったという方は、実店舗で購入可能だそうなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

続いてご紹介するのは、女子野球マンガ『花鈴のマウンド』のブースです(写真右上)。
『花鈴のマウンド』とは「女の子だって甲子園!!」という合言葉をテレビなどで聞いた方も多いと思いますが、甲子園への夢を追い求める「高校野球軟式野球部員」の成長を描いた物語です。
この日は幸運にも、女子プロ野球チームの京都フローラから三浦伊織選手、レイアから西山小春選手、大串桃香選手が応援に来られていました(写真右上)。
京都フローラ、レイアともに、京都を拠点とするチームなので、他のブースとはまた違ったコラボが見られて楽しい時間でした。

最後は京都とのコラボ商品ばかりを販売している京まふショップをご紹介します。
さまざまなキャラクターとのコラボ商品をたくさん展示している中、一番目を引いたのが、名探偵コナンの西陣織スマホポーチです(写真左下)。
その他にも西陣織長財布や京アメ、京あられなど、名探偵コナンと京都のコラボ商品がたくさん!
お土産としてもうれしいですね!

京まふショップでは職人さんが実演販売するブースがあり、早々と「完売」を掲げたブースがあったのって、直接話をお聞きしました。
「女性3人で「そわん〜soin〜」という作家ユニットを結成しています。『刀剣乱舞』が好きで、正絹金封ふくさに、『刀剣乱舞-ONLINE-』のゲーム画面をイメージした絵柄を手描友禅で表現しました。」と完売した実物を見せていただきました。
聞かなければ、ゲーム画面とは思えない、美しく品のあるふくさです。
分かる人には分かるというバランスが喜ばれるポイントなのでしょう。
「映画や舞台のチケットが入る大きさにもこだわりました。」とさすがファン心理を理解しています!
このふくさを作るにはとても手がかかるらしく、今後の展開はまだ未定だそうです。
今回、入手し損ねた方は、ぜひ「そわん」の公式ツイッターをご覧いただければと思います。

■白糸酒造公式サイト
http://sake-shiraito.com

■花鈴のマウンド公式サイト
https://www.karinmound.jp

■そわん-soin-公式ツイッター
https://twitter.com/couturier_soin
そわん-soin-公式Face Book
https://m.facebook.com/couturier.soin/

キャラカフェ

最後に、京まふにて展開された飲食ブース「キャラカフェ」のレポートをお届けします。
どれもおいしそうなものばかりで、自分では選ぶことができなかったので、多くのお客さんから感想をお聞きしました。

アニメイトカフェキッチンカー(写真左上)では『あんさんぶるスターズ!』
とのコラボドリンクとアニメイトカフェ限定のグッズを販売。
写真左下の左から「サンシャワーフェスタのマンゴーソーダ」、「紅茶部のハーフタイムアイスティー」「fine airlines presents~青天のアップルドリンク~」です。
ドリンクを注文すれば特製コースターがもらえ、さらに1,000円ごとに守沢千秋のバースデーブロマイドを1枚、もらえます(写真左下から2番目)。
お味はというと、どれも爽やかで飲みやすくおいしい!と購入されていた女性お二人からお聞きしました。
特に、マンゴーソーダーの中に入っているポッパーズの食感が良かったそうです。

©2014 Happy Elements K.K

続きまして、『Fate/Grand Order』や、『Fate/Apocrypha』のコラボメニューとオリジナルのグッズを販売している「セガコラボカフェ」をご紹介(写真右下)。
早速、食事をされている20代前半くらいの女性お二人にインタビュー。
食べられていたのは「聖女と魔女の白黒シチュー」と「黒のマスター専用 フライドポテト」、ドリンクメニューの「黒のライダーの“この世ならざる幻馬”」と「ジャンヌ・ダルク」です(写真右上から2番目)。
「デミグラスの方はワインの味がしっかりとしたコクのある味わいで、ホワイトソースはクリーミーでとてもおいしい!」とシチューについて感想を述べられました。
ドリンクも、それぞれ個性豊かで大満足とのことです。
続いては、「Quick Chainパフェ」と「Buster Chainパフェ」を購入された女性に写真を撮影させていただき、味の感想は別の大学生らしき男性3人組にお聞きしました。
「Quick Chainパフェ」は青リンゴの味で、酸味があって爽やか。
そして、「Buster Chainパフェ」はイチゴ味で、甘すぎず後味がさっぱりでとても飲みやすかったとか。
この「セガコラボカフェ」ではフード・デザート・ドリンクを1品注文するごとに全10種からランダムで1枚、特典コースターをもらえます。
お客さんの中には、二人で全種類購入しているツワモノもいました。
すべて食べられたかどうかは定かではありません(笑)。

キャラカフェでは自分の好きなアニメに関しての個性豊かなメニューを食べられるとあって、多くの笑顔で溢れていました。

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
©東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC


京都の街で二日続けてにぎわったマンガ・アニメの祭典。
改めて、京都とのコラボは多くの人の活力になると感じました。本当に、エネルギッシュな2日間でした。

といことで、キャララボライターが行く京まふレポはこれにて終了!
取材にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
【INFO】
■KADOKAWA公式サイト:http://www.kadokawa.co.jp
■SQUEAR ENIX公式サイト:http://www.jp.square-enix.com
■タマ&フレンズ~うちのタマ知りませんか?〜公式サイト:http://www.scp.co.jp/Tama/
■タマ&フレンズ~うちのタマ知りませんか?〜公式Twitter:https://twitter.com/tama_friends
■白糸酒造公式サイト:http://sake-shiraito.com
■花鈴のマウンド公式サイト:https://www.karinmound.jp
■そわん-soin-公式Twitter:https://twitter.com/couturier_soin
■そわん-soin-公式Face Book:https://m.facebook.com/couturier.soin/

※本ページ掲載内容は2017年10月12日時点での情報によるものです。