手塚治虫の世界が新しいパフォーマンスで甦る!
『MANGA Performance W3』

手塚治虫の世界が新しいパフォーマンスで甦る!『MANGA Performance W3』
T

Charalab編集部

T

ニュース

世界のマンガ、アニメカルチャーに多大な影響を与え、今もその人気が衰えることはない、巨匠・手塚治虫。
手塚治虫の生誕90周年にあたる2017年から2018年、手塚治虫自身がこよなく愛した作品である漫画『W3(ワンダースリー)』の舞台化が実現します。
往年の手塚治虫ファンから、最新の2.5次元ファンまで、多くの人にとって、魅力満載の舞台になることが期待される公演。
2017年10月16日(月)放送予定のフジテレビ「プレミアの巣窟」に、演出のウォーリー木下と出演者であるフィリップ・エマールが出演し、公演について紹介するのも見逃せません。

《公演情報》

■原作:
 手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
■主催:
 MANGA Performance W3実行委員会
(ニッポン放送、読売広告社、シーエイティプロデュース、手塚プロダクション、キューブ、キョードー東京、フラックス)
■日程:
 2017年11月3日(金)~2017年12月22日(金) 上演時間 70分予定
■構成・演出:
 ウォーリー木下
■機材協力:
 エプソン販売
■公演:
 フジテレビジョン
■会場:
 DDD青山クロスシアター
■チケット発売:
 11月公演 絶賛発売中
 12月公演 2017年10月14日(土)10:00より発売開始。
■チケット情報:
 全席指定 ¥6,500(税込)
 ※未就学児童入場不可
●キョードー東京 0570-550-799
●チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:480-470)
●ローソンチケット0570-084-003(Lコード:36550)
●イープラス 

《出演者》

平面の漫画が持つ魅力と、パフォーマーが目の前で演じる生身のダンスの迫力が織りなす舞台は、観る者を新しい世界へと連れ出してくれます。「漫画やアニメは2次元で楽しむのが一番」という人にも、ぜひ観て欲しい作品となっています。
▲西島数博
バレエダンサー、俳優、振付家として活躍。
▲川原一馬
ミュージカル「テニスの王子様」、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー」で人気の俳優。
※各公演には下記出演者から5名が出演いたします。
西島数博 フィリップ・エマール 川原一馬 椎原夕加里 石井咲
藍実成 坂口修一 梅澤裕介 松本ユキ子 関口満紀枝
伊藤壮太郎 鈴木秀城 坂口涼太郎 廣瀨水美 手代木花野
※各公演の出演者は、公演スケジュールをご参照ください。
【INFO】
■公式サイト:https://www.stagegate.jp
■キョードー東北:http://kyodotokyo.com/
■チケットぴあ:http://w.pia.jp/
■ローソンチケット:http://l-tike.com/
■イープラス:http://eplus.jp/
※本ページ掲載内容は2017年10月6日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!