【浦沢直樹】待望の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』
世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」との共同プロジェクト

【浦沢直樹】待望の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」との共同プロジェクト
T

Charalab編集部

T

ニュース

2017年10月20日(金)発売のビッグコミックオリジナルで、浦沢直樹とルーヴル美術館のコラボレーション作品『夢印-MUJIRUSHI-』の連載がスタートします。

発売に合わせて、公式YouTubeチャンネルでプロモーションムービーも公開します。

プロモーションムービーで『夢印-MUJIRUSHI-』第1話をチラ見せ!

『YAWARA!』『MASTERキートン』(ストーリー/勝鹿北星・長崎尚志)『20世紀少年』などで知られる漫画家、浦沢直樹の新連載、『夢印-MUJIRUSHI-』。

毎月5日、20日の月2回発売の同誌で毎号掲載予定です。
浦沢にとって久しぶりのフル連載となる『夢印-MUJIRUSHI-』は、世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」が企画する「ルーヴル美術館BDプロジェクト」作品のひとつです。

ルーヴル美術館とのコラボ

今回の新連載『夢印-MUJIRUSHI-』は、世界最大級の美術館「ルーヴル美術館」が立ち上げた「ルーヴル美術館BDプロジェクト」のひとつです。
「BD」とはフランス語圏で古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ」という漫画文化の略で、子どもから大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれています。
「バンド・デシネ」には、大衆的な作品はもちろん、絵画のように描かれた作品も多く、そうした特徴から、フランスにおいては「第9の芸術」と位置づけられるほどです。
「ルーヴル美術館BDプロジェクト」の目的は、「漫画」を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えること。フランス国内外の漫画家たちに、ルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう、という前代未聞のプロジェクトです。

これまでに「ビッグコミックオリジナル」で谷口ジロー氏が『千年の翼、百年の夢』を、松本大洋氏が『ルーヴルの猫』を連載するなど、同プロジェクトには日本人作家も参加しています。

<プロフィール>

浦沢直樹
1960年、東京都生まれ。
83年『BETA!』でデビュー。
代表作に『YAWARA!』『Happy!』『MASTERキートン』(ストーリー/勝鹿北星・長崎尚志)『MONSTER』『20世紀少年』『PLUTO』(浦沢直樹×手塚治虫、長崎尚志プロデュース、監修/手塚眞、協力/手塚プロダクション)『BILLY BAT』(ストーリー共同制作/長崎尚志)など。国内外で受賞歴多数。
【INFO】
■ビッグコミックオリジナル公式:https://bigcomicbros.net/magazine/bigoriginal/

※本ページ掲載内容は2017年10月18日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!