『ジュニア空想科学読本』×『スター・ウォーズ』
まさかのコラボ

『ジュニア空想科学読本』×『スター・ウォーズ』まさかのコラボ
T

Charalab編集部

T

ニュース

『ジュニア空想科学読本』や『ポケモン空想科学読本』の柳田理科雄先生が、なんと『スター・ウォーズ』の世界に進出!

『講談社KK文庫 スター・ウォーズ空想科学読本』

ルーク・スカイウォーカーが使うフォース。
ライトセーバーを自在に操るジェダイの騎士。
人間の言葉を理解し、宇宙航行を手伝うドロイド。
驚くほどスケールがでっかい宇宙戦艦やバトル・ステーション。

子どもから大人まで、世界中を虜にしている『スター・ウォーズ』の世界を、科学的にとことんまじめに解釈してみたのが本書だ。その結果、こんな結論が導かれた。

●地球の人間がフォースを使いたければ、決死の覚悟で臨まなければいけない!
●Xウイングに乗っているときは、カップめんを食べると命取りになる!
●ライトセーバーは、想像を絶するキケンな兵器!
●C-3POのお笑いのセンスから、地球の人工知能の未来がわかる!
●もしヨーダが結婚したら、1万5376人の孫がいた…かもしれない!
●ハン・ソロを冷凍したすごい科学は、マグロの刺身のおいしさと関係がある!
●ジャバ・ザ・ハットは、もしかして人間にかなり近い生物?
●砂漠の怪物サルラックは、めちゃめちゃ胃弱だ!
などなど、予想を超えるオドロキの結論が続々! 思わず吹き出すこと間違いなし!
【INFO】
〈書籍情報〉

■タイトル
『STAR WARS スター・ウォーズ空想科学読本』(講談社 KK文庫)
■発売日
10月31日 192ページ
■定価
本体700円(税別)


※本ページ掲載内容は2017年10月30日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!