誰もが感動必至!「鋼の錬金術師展」大阪

誰もが感動必至!「鋼の錬金術師展」大阪
アイデアスケッチ

キャララボライター

アイデアスケッチ

レポート

国民的人気コミック『鋼の錬金術師』が念願の実写化!一般公開まで早くも1ヶ月を切りましたね。
期待が高まる中、大阪では公開を記念して『鋼の錬金術師』(以下、ハガレン)史上初の大規模原画展が行われています。
東京で行われた同イベントではなんと約7万人ものファンが来場。
連載終了から7年経つ今でも、ファンの心を離さないハガレン。
その魅力がたっぷり詰まった原画展に行ってきましたので、その模様をお届けします。

ロビーではアルフォンスがお出迎え

大阪南港にあるATCミュージアムに到着すると、最初に迎えてくれたのは等身大のアルフォンスでした。
入り口のロビーでは2017年12月1日から始まる映画に関する展示が行われており、劇中ではフルCGで描かれているアルフォンスをリアルに再現した像が展示してあります。
個人的な感想として、漫画やアニメでイメージしていたアルフォンスよりスタイルが良く、めっちゃかっこいいんです!
その他に、劇中で使用された衣装が展示されています(写真上段)。
左から山田涼介さん、本田翼さん、松雪泰子さん、ディーン・フジオカさんが着用した衣装です。
映画の詳細を書かれたパネルも展示されており、映画への興味が湧いてくる内容となっています。
このロビーは誰でも無料で入ることができ、写真撮影もOKだとか。
原画展に入る前からワクワク感が増します。
ロビーでは、原画展内で楽しめる音声ガイドをレンタルできます(600円)。
このガイドは、原画展だけのために収録したエドワードとアルフォンスによる貴重な音声から成り立っています。
ふたりの掛け合いがとても面白い上、原画展を深く味わえる内容なので、レンタルすることを強くオススメします。

懐かしの名場面がたくさん

原画展に入ると、懐かしの名場面の原画がたくさん展示されており、つい歓喜の声をあげそうになりました。
展示エリアはストーリーを追った5つのエリアと2つの特別エリアの全7エリアから成り立っています。
5つのストーリーエリアではエルリック兄弟の関係や仲間との出会い、敵との壮絶な戦い、最終的に見出した希望へと、まさに「始まり」から「終わり」までの壮大な物語を感じることができます。
ハガレンを知らないという方も、存分にその魅力を感じていただけるのではないでしょうか?
4つ目のエリア「最期の戦い.ふたりの錬金術師」は期間中の前半・後半で展示物が変わるとのこと。
同じ時間軸で進行している別の戦いが展示されるそうです。二度、訪れたくなりますね!
ハガレンの作者、荒川弘先生がお気に入りの一つだというのが、完全体となったお父様をエドワードが素手で殴るシーンの絵です(写真下段)。
今回の展示では壁一面に描かれていて、とても迫力のある展示となっています。
これを見るだけでも原画展に来る価値があるのではないでしょうか?
特別エリアでは、本編では描かれていないカラーイラストや原画展のキービジュアル、そしてそのキービジュアルをパロった荒川先生のメッセージパネルなどが展示されている「エクストラギャラリー」と、アニメや劇場作品に関する資料を見たり、聴いたりできる「Animation」から成り立っています。
担当者さんに原画展における隠れた見所をお聞きしました。
「一部ですが、原画の枠外に荒川先生が書かれた文字が残っていて、これは通常の展示会では見られないものなので、ぜひチェックしていただきたいです。」とのこと。
作成における指示や、中には荒川先生のチャーミングさを伺える文字が書かれていて、なかなか面白いですよ。ぜひ、探してみてくださいね!
【INFO】
「鋼の錬金術師展」大阪
開催期間:2017年11月3日(金・祝)~30日(木)
時間:10:00~17:00
※最終入場は閉館の30分前。
会場:大阪南港ATCミュージアム
住所:大阪府大阪市住之江区南港北2-1-101
問い合わせ先:「鋼の錬金術師展」事務局 TEL:06-6136-5766
公式ホームページ:http://www.mbs.jp/hagarenten/
※本ページ掲載内容は2017年11月15日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!