全“米”注目!お米擬人化アニメ『ラブ米』が舞台化!気になるキャラ再現度は…!?

全“米”注目!お米擬人化アニメ『ラブ米』が舞台化!気になるキャラ再現度は…!?
桜井恒二

キャララボライター

桜井恒二

レポート

11月17日、品川プリンスホテルのクラブexにて舞台「RICE on STAGE『ラブ米』~Endless rice riot~」の公演がスタートしました。今回は初日会見および公開ゲネプロに潜入し、炊きたてホヤホヤの舞台の模様、そして主人公たちの再現度をウォッチしてきました!

人気アニメ『ラブ米』が待望の舞台化!オリジナルキャラクターが多数登場

本作は、お米を擬人化したコメディータッチのショートアニメを原作とするシリアスコメディー。お米にちなんだギャグが多数展開されます。「ハーベストショー」で活躍することを夢見る高校生たちが、目標に向かって走り抜ける様を描きます。

舞台では「ラブライス」の5人に加え、オリジナルキャラの新たなライバル米として陸稲米(おかぼまい)を中心とした「ST☆RICE(スターリッス)」、古代米を中心とした「GAZEN BOYS(ガゼン ボーイズ)」が登場。1部はステージ、2部はハーベストショーの計2部構成で展開されます。

演出家・村井は「夢は東京オリンピック開幕でハーベストショーをやること」

公開ゲネプロに先立って実施された会見では、各チームの代表メンバーがそれぞれ意気込みを語りました。

主人公の熱血系男子「ひのひかり」を演じる田村升吾は「この2ヶ月弱、キャスト15人とスタッフの皆さんで作り上げてきたものをここで炊き上げるだけ。僕たちは粒そろいのお米たちが揃っている。ここに来て味わって帰って頂きたい」と本舞台をアピール。「ラブライスはどのチームよりも有名なお米。だからこそお客さんには近い存在でもありたい。チームワークではどのチームにも負けない」とライバル心をむき出しにしました。

クールなイケメン「ささにしき」を演じるのは星乃勇太。「今までにない2.5次元ができればなと思ってキャスト一同やってきた。お客さんに、この僕ら若い米たちの“圧”を感じてもらえれば。錦を飾りたい」と述べました。

「ST☆RICE」の中心メンバー・ネリカ役の健人は「僕たちは雨の日も風の日も、お米として育ってきた。後は本番で、稽古でやってきたことを信じて全力でやるだけ」と言い、陸稲米で構成される所属チームについて「陸稲米は少ない水でも育ち、稲熱病や害虫にも強い。優秀なのに世間ではあまり知られていない。皆に知ってもらうために、ハーベストショーにかける思いが熱いチーム。エネルギーはどこのチームにも負けない」と話しました。

「GAZEN BOYS」白瑞光役の白柏寿大は「『ラブ米』という独特の世界観を保ったまま、すごくいい意味で茶番が出来上がった。見に来てくれた皆さんが元気良くなれば」とコメント。「GAZEN BOYS」に関して「古代米をモチーフにした少数精鋭。一人ひとりの質が高い。チーム全体としては気品のあふれるチーム。グルメたちを魅力する舞を披露したい」と語りました。

「合鴨ブラザーズ」の兄鴨に扮した滝口幸広は「アフロを被せられて、『お米の話に出てくる鴨役です』と言われた時、どうやって役作りしていいのか分からなかった」と本音を漏らしつつも、「熱々のお米のような、熱い作品が出来上がった」と手応えを口に。合鴨ブラザーズは「とにかくくだらないことを100%の力でやってるのが一番特徴。とにかく全力でふざけている。そこを楽しんで見てもらえたら」と笑顔を見せました。

稽古中のエピソードを問われると、白柏は「誕生日が多くて、カンパニーでサプライズをやった。炊飯ジャーの中にケーキが入っていた」と本舞台らしい思い出を明かしました。

一方、滝口は「毎回稽古場でご飯を炊いてもらった」と回想。「同じ釜のメシを食うってまさにそうだと思うんですけど、一体感が生まれた。あれがなかったら仲が超悪かった」とジョークを飛ばしました。

本公演の脚本・演出・作詞を手がけた演出家の村井は「(原作は)お米の擬人化、コメディということで面白いアニメ。それを不条理なものに仕上げようと思った。現実社会のほうが不条理なことがあったりするので、意外に共感できるところも出てきたなと思った。お客様方には響くのでは」と解説。「陸稲舞とか古代米とか勉強する中で『こういう米があるんだ』と勉強になった。この舞台を通じてお米文化が普及して世界に広がって……夢は、2020年の東京オリンピックの開幕でハーベストショーをやること」と大きな目標を掲げ、キャストを驚かせました。

世界観の再現度高し!シュールな笑いと“米”ギャグのオンパレード!ダンス&歌のハーベストショーも展開

ストーリーの舞台は穀立稲穂学園。ハーベストショーで一躍有名になり、感謝祭に向けてリハーサルにいそしんでいる「ラブライス」のもとに、ストロングでワイルドな「ST☆RICE」、雅で気品あふれる「GAZEN BOYS」というライバル米のチームが現れます。

そんな3チームの前に、「ラブライス」の米騒動を越える新しい危機が襲来。危機に対抗するために3チームが手と手を握ってハーベストショーを実現することが要求されるも、互いをライバル視し合う彼らは、足並みを揃えることができません。そんな彼らのもとに「合鴨ブラザーズ」が現れて……。

後半からは各チームが、個性的なハーベストショーを展開します。終始展開される“米”にちなんだギャグ・ネタ、そしてアクロバティックかつ華やかな歌とダンスに注目です。

気になるキャラクター再現度は……100点満点中いくら!?

各キャラクターの再現度は、非常に高いです!100点満点中……90点! 

ひのひかりの真っすぐで勢いで押し切るギャグセンス、ナンパしまくりでコメディアン志望の「ひとめぼれ」(前川優希)の浮気っぽい性格もそのまま。本舞台は、原作の世界観を丁寧に踏襲しています。原作ファンも、原作を知らない方も笑いながら楽しめるでしょう。

またミステリアスなキャラで完璧主義の「あきたこまち」(白石康介)の「“コメ”ントを控えます」というセリフや、愛されキャラの「にこまる」(佐野真白)の「にこまる困る〜!」というセリフももちろんあります!

「ST☆RICE」や「GAZEN BOYS」「合鴨ブラザーズ」のオリジナルキャラクターの面々も、「ラブライス」のメンバーに合わせ、原作に登場してもおかしくないほどの仕上がりです。

劇場ロビーでは、回替わりでラブライスのキャラクター名と同じ銘柄の米を握ったオリジナルおにぎり(500円、個数限定)を販売。購入者には穀立稲穂学園学生証(全15種)をランダムで1“米”プレゼントします。

また終演後には、「稲刈り体験」と題した握手会やアフタートーク「米トーーク!」の開催も決定。「米トーーク!」では米にまつわる俳優陣がゲスト出演します。

まさに、お腹いっぱいの公演になること間違いなし!
【NFO】
■公演期間
2017年11月17日(金)~11月26日(日)

■劇場
「品川プリンスホテル クラブeX」
〒108-8611
東京都港区高輪4-10-30
品川プリンスホテル アネックスタワー3F

■チケット料金
<オーナー席(特典付き)>
米かぶりつき席 8,800円(前売・当日共/全席指定/税込)
※前方エリア席
高みの見物席 8,800円(前売・当日共/全席指定/税込)
※2階バルコニー席
<指定席>
6,800円(前売・当日共/全席指定/税込)

■RICE on STAGE「ラブ米」公式サイト:http://love-kome-stage.com

■RICE on STAGE「ラブ米」公式Twitter:https://twitter.com/love_kome_stage

■公演に関するお問い合わせ
ネルケプランニング
TEL:03-3715-5624 (平日11:00~18:00)

※本ページ掲載内容は2017年11月17日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!