なんでその動物? 鳥獣戯画の擬人化チョイスに想いを馳せて

なんでその動物? 鳥獣戯画の擬人化チョイスに想いを馳せて
本丸ねつこ

Chara lab ライター

本丸ねつこ

レポート

ウサギ、カエルにサルと、キャラクターの元祖とも言える、国宝『鳥獣戯画』の動物たち。
数ある動物の中で、絵師はどうして彼らを登場人物として選んだのでしょうか?
絵をよーく見ると、その理由が見えてきます。 
【本文】
動物たちが生き生きと描かれた、京都の高山寺に伝わる国宝の『鳥獣戯画』。
甲・乙・丙・丁の4巻からなる絵巻物で、最も有名な甲巻では、ウサギとカエルが相撲を取ったりと、動物たちが人間の暮らしの真似ごとをしています。
各場面の物語を想像するだけでも楽しいですが、今回はちょっぴり見かたを変えて、そのシーンを描くにあたり「なぜその動物が選ばれたのか」を考えてみたいと思います。

キツネの尻尾にある「ポフッ」は何ぞや?

甲巻では、ウサギさんチームとカエルさんチームに分かれて賭弓(のりゆみ)をしている場面が描かれています。
賭弓は、褒賞を賭けて弓の腕を競うもので、宮中行事でもありました。
的の横に立つのは、矢を数える係のウサギとキツネ。キツネは尻尾を手で持っており、その先には「ポフッ」とした何かが描写されています。

この「ポフッ」は〈狐火〉だそうで、キツネはその灯りで的を照らしているのでした。

もちろん狐火はファンタジーの世界のお話ですが、日本各地に狐火の怪談が伝わっていたり、歌川広重の浮世絵・名所江戸百景『王子装束ゑの木 大晦日の狐火』に描かれていたりします。
また、実際の賭弓でも日が暮れてくると松明で的を照らしていたそうです。
このことから、キツネは狐火のスキルがあるからこそ、照明係に抜擢されたのでしょう。

仏様とカエルに共通する点とは”水かき”だった

甲巻の後半では、サルの導師がカエルの仏像に向かってお経をあげています。
ありがたいような、ありがたくないようなトボけたカエル仏ですが、実はナイスな配役。
カエルの足元を見ると、蓮の葉に座っていますね。
水辺に暮らすカエルと蓮は深い縁。
そして、実際のお寺にある仏像の台座も蓮をモチーフにしており、その名も「蓮台」と呼ばれています。
さらに、カエルのポーズにも注目。
指を見ると水かきが描かれています。
カエルなら当然のことですが、仏様の方にもこの水かきがあるんです。

手足指縵網相(しゅそくしまんもうそう)という32ある仏の体の特徴のひとつで、人々を漏れなくすくい上げる(救う)意味があるとか。

そんな共通点から、カエルは仏像にキャスティングされたのかもしれませんね。

『鳥獣戯画』を自作可能な制作キットで遊ぶ

©うろんげ 2015

『鳥獣戯画』のキャラクターたちを自由に配置して楽しむ「鳥獣戯画制作キット」が、ネットで公開されています。
公開後、その手軽さと利用者による愉快な投稿で話題となりましたね。Chara labでも、キットを利用して数点作ってみました。
画面左側に、画像がパレットのように並んでいます。
そこから右の枠にドラッグ&ドロップするだけ。画像を拡大・縮小したり、“鏡”で左右の反転、文字も入れられますよ。
作ってみて、キャラクターたちの躍動感、絵のパワーを改めて実感しました。
未体験の方はぜひ、『鳥獣戯画』に触れてみては。
【INFO】
■鳥獣戯画制作キット:https://gigamaker.jimdo.com/