手塚作品に登場する容姿端麗キャラが競演!
「手塚治虫の美男美女展~優艶~」開催中

手塚作品に登場する容姿端麗キャラが競演!「手塚治虫の美男美女展~優艶~」開催中
Tokyo_011

Tokyo_011

レポート

ブラック・ジャックにサファイヤ、トリトン……。マンガの神様、手塚治虫が産み出した、大人まで惚れさせるキャラクターたちにスポットを当てた、要注目のイベントが開催中です。手塚フリーク感涙のオリジナル原稿や、豪華クリエイター陣による特別創作など、見どころ満載のプロジェクト。どんなキャラクターが展示されるのか、ちょっとだけお教えしましょう。

大人になってからこそ、さらに好きになる 今も色褪せない美男美女たちの魅力を再認識

たくさんの魅力的キャラクターを送り出し、日本が誇るマンガ文化の礎を築いた手塚治虫。彼の描いた美男美女にフォーカスした展覧会が、“阪急うめだ本店”で4月10日まで開催されています。たっぷり展示される直筆原稿に加え、現在活躍しているクリエイターたちが手がけたオマージュ作品まで観賞可能。また、イラスト投稿・交流サイト「pixiv」で行われた「手塚キャラクターイラストコンテスト」の優秀作品も発表される、全マンガファン必見のイベントです。手塚治虫作品への愛情を一層深めてくれる、ちょっぴり大人の世界観にウットリしちゃうこと請け合いですよ!

人気のキャラクターがずら〜り

①サファイヤ(リボンの騎士)
シルバーランド王室の正嫡であり、天使のミスによって男子の心を持ってしまった黒髪の美少女。王子=世継ぎとして育てられますが、野心家のジュラルミン大公をはじめとする大臣たちは、女の子であることを暴こうと……。結果、王位継承の式典でジェラルミン一派に出し抜かれ、幽閉されてしまいます。しかし、彼女は隙を見ては抜け出し、リボンの騎士に変装して悪と戦うように。最終的には恋と数々の冒険を経験し、立派な女王に成長します。ちなみに、少女向けマンガでテレビアニメ化がなされたのは今作が日本初。夢中になった元少女も多いのでは?
©Tezuka Productions
劇中の戴冠式シーンで登場した「サファイヤの王冠」も展示。本物のジュエリーを使って製作された、なんと3億円相当の逸品なのだとか!
②トリトン(海のトリトン)
アトランティス大陸で平和に暮らしていたトリトン族は、ポセイドン族によって滅ぼされてしまいます。トリトンはその末裔である13歳の少年。赤ん坊のとき人間に拾われ育てられますが、出生を知ると海へ旅立ち、強大なポセイドン族たちと死闘を繰り返すことに。1972年から放送されたテレビアニメ版は、ガンダムシリーズで知られる富野由悠季の初監督作品です。

③ブラック・ジャック(ブラック・ジャック)
クール&ニヒルで知られる無免許の天才外科医。二人称が”お前さん”なのが印象深いです。どんなに重篤な患者でも奇跡的に助け、代わりに治療費は高額。しかし、支払期限を設けないことから、心根は優しい男だと思われます。さらに、クランケの環境や状態によっては無償だったり、金銭以外で解決したりも。義理堅さ、子どもへの愛情深さなど、ドクターとしての手腕以外の面でも、多くのボーイズが憧れました。本名は間黒男。数回実現している実写版では、宍戸錠や加山雄三、本木雅弘、岡田将生といった、時代を代表するイケメン俳優たちが演じています。
④天外奇子(奇子)
東北の大地主、天外家の末娘として生まれた、とても美しい女性。しかし、不義の子であり、加えて身内の犯罪を目撃してしまったため、幼い頃から土蔵に閉じ込められて暮らしていました。道路建設により土蔵が壊され、20年ぶりに外の世界を見た彼女は……。大人になってから出会うべき、純粋であるがゆえに悲しいヒロインです。

⑤マリア(やけっぱちのマリア)
暴れん坊の少年、焼野矢八(やけっぱち)から出てきたエクトプラズム。ダッチワイフに憑依し、愛と性を真面目に語る異色のヒロインです。性格はやんちゃなやけっぱち、仕草はやけっぱちが幼い頃に失くした母。知名度こそメルモちゃんに劣りますが、1970年のコミック連載時には多くの少年を魅了しました。2012年にはNHK-FMで全10回のラジオドラマになっています。

⑥ロック(バンパイヤ)
ねじ曲がった思考回路を持ち、ヒールとして強烈に輝く存在。アンチヒーローの先駆者といえます。整った容姿の裏に邪悪な顔を隠し、主人公たち以上に読者を惹きつけました。登場作品のバンパイアは1968年にテレビドラマ化。俳優、水谷豊のデビュー作です。


ほかにも会場には、百鬼丸(どろろ)やメルモ(ふしぎなメルモ)など、約50のキャラクターが。さらに、ホームページにて催された「もう一度見たい 手塚アニメの名作総選挙」の上位5作品だって上映。レアな限定グッズも見逃せません!
【INFO】
■手塚治虫の美男美女展~優艶~
・期間:2017年3月29日(水)~4月10日(月)
・会場:阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
・入場料:一般600円、大学・高校・中学生400円
※閉場30分前までにご入場ください。
※催し最終日は午後6時閉場
※阪急阪神お得意様カード・ペルソナカード・エメラルドSTACIAカードのご呈示で、ご本人様に限り入場料から100円割引

企画・制作:手塚プロダクション
協力:株式会社ジュエリーカミネ

■手塚治虫の美男美女展ホームページ:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/tezukaosamu2017/index.html