【東京コミコン】壽屋、初発表・初展示の新作フィギュアが盛りだくさん!

【東京コミコン】壽屋、初発表・初展示の新作フィギュアが盛りだくさん!
エディター

Chara lab編集部

エディター

レポート

12月1~3日の3日間にわたって、世界最大級のアメリカンコミックの祭典「東京コミックコンベンション 2017」(以下、東京コミコン)が開催されました。今回は、初発表・初展示の新作フィギュアを多数披露したフィギュアメーカー「壽屋」のブースの模様をお届けします。

東京コミコン限定&先行販売アイテムを多数展開!

壽屋は今回、多数の限定品を展開しました。先行商品として、グリヒル・ミニフィギュアコレクションおよび「ARTFX+ スパイダーマン 限定版」を販売。ただし一般の販売の予定はなく、来年以降開催予定のマーベル展にて随時発売予定です。また「グリヒル ミニフィギュアコレクション ロキ」や「ARTFX+ フラッシュ -THE FLASH- リミテッドエディション」はイベント完全限定品として販売されました。

上記商品も含め、「限定品にしておくにはもったいない……!」と思うものばかり。ですが壽屋は、イベント会場限定の商品が少なくありません。壽屋がブース出展する際は、要チェックなのです。

そんな壽屋の東京コミコン出展には、どんな狙いがあるのか?

壽屋の国内営業課・山下氏は、「もともと弊社は海外で行われているサンディエゴ・コミコンに10年以上出展を続けています」と壽屋とコミコンの関係性について説明。「ホームとなる日本では、海外同様に、『コミコンといえば壽屋ブース』と思ってもらえるように限定品や新作展示を行っていこうと思っております。また東京コミコンは、国内でも海外のお客様が非常に多いイベントです。『日本のメーカーでもこんなに種類を出しているメーカーがあるのか』『こんなマニアックな作品までフィギュア化するんだ』と知ってもらえるようなイベントになるといいなと思っております」と話しました。

「なるほど……」と思ったところで引き続き、今回の東京コミコンのラインアップを見ていきましょう!

スター・ウォーズフィギュアが続々登場!
最新作をモチーフにした世界初展示品もお披露目!

スター・ウォーズのコーナーでは、人気キャラクターたちが勢揃いしました。

注目の一つが「ファースト・オーダー ストームトルーパー・エクセキューショナー」。12月15日公開の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に出てくる新キャラクターとして、同フィギュアが世界初展示されました。

また、2018年4月発売予定の新作「ARTFX+ パルパティーン皇帝 with ロイヤル・ガード 3パック」も国内初展示。発売中の「ARTFX+ ストームトルーパー ビルドパック」や「ARTFX+ ダース・ベイダー クラウド・シティ版」と組み合わせれば帝国軍が完成! 間近で見ると迫力満点です!

その他、スター・ウォーズをモチーフにしたカードケースや名刺入れ、ネックストラップ、キーキャップ、ヘアゴムなどの革小物、ネクタイ、箸、シリコントレーも販売。最新作が控える同人気シリーズのファンの注目を集めました。

■イベント名: 東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)
■会場: 幕張メッセ ホール9-11
■会場住所:千葉市美浜区中瀬2-1)
■日時: 2017年12月1日(金)12:00~19:00
    2017年12月2日(土)10:00~19:00
    2017年12月3日(日)10:00~18:00
■公式サイト: http://tokyocomiccon.jp/
■壽屋公式サイト:https://www.kotobukiya.co.jp/

※本記事掲載の写真クレジットに関して
© KOTOBUKIYA
© 2017 MARVEL
© & ™ Lucasfilm Ltd.
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 Pokémon.
©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
© & ™ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc. (s17)

※本ページ掲載内容は2017年12月1日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!