東京コミコン2017 コミックス『ULTRAMAN』アニメ化製作発表会レポート

東京コミコン2017 コミックス『ULTRAMAN』アニメ化製作発表会レポート
Tokyo_RK

キャララボライター

Tokyo_RK

レポート

幕張メッセで行われた東京コミコン2017の初日である12月1日、ステージではコミックス『ULTRAMAN』アニメ化製作発表会が行われました。多くの人が待ちに待ったウルトラマンのアニメ化、大いに盛り上がったステージの様子をお伝えします。

月刊ヒーローズで連載中の『ULTRAMAN』がフル3DCGでアニメ化!!

累計発行部数260万部突破の大人気コミックス『ULTRAMAN』が、アニメ化するという嬉しいニュースが発表されたのは、東京コミコンの初日のステージ。
アニメ化を希望する人が多かった作品だけに、胸が躍るニュースです。
ステージにはアニメの監督を務める神山健司監督と荒牧伸志監督、そして『ULTRAMAN』の原作者である清水栄一さんと下口智裕さんが登場しました。
2019年に公開予定のアニメ『ULTRAMAN』は、なんとフル3DCG。どんな『ULTRAMAN』の世界が展開されるのか、会場の期待は一気に高まります。

「『ULTRAMAN』に携わることができて光栄」と語る両監督

ウルトラマンの放映が始まったのは、なんと神山監督が生まれた年だそう。神山監督は今回監督を務める思いについて質問されると「本当に歴史ある作品で、大好きな作品です。ウルトラマンに携わることになるとは自分でも思っていなかったので光栄に思いますし、楽しみにしています」と語りました。
荒牧監督は「僕は神山監督より少し上の世代なので、幼稚園くらいのときにウルトラQを、小学校1年くらいのときにウルトラマンを見ました。毎週日曜日だったんですけれど、オープニングの提供を覚えているくらい、毎週楽しみにして見ていました。光栄ですし、力がはいっちゃいますね」とコメント。
子どもの頃大好きだった作品を自分が作り上げるということに、強い思いを感じていることがお二人の静かな口調からしっかりと伝わってきました。

『ULTRAMAN』PVに会場中から拍手が!

監督2人からのコメントの後、会場に設置された巨大モニターで『ULTRAMAN』のPV映像が公開されました。実写かと思うような立体感と滑らかな動きに、観客全員が息を飲みモニターに釘付けになります。PV映像が終了すると、会場中から溜息と拍手が!
本編の一部を抜粋して今回ティザーのように仕上げたというこのPV、モーションキャプチャ(人間の動きを取り込んでキャラクターに反映する技術)を使用しながら3DCGにしているのが特徴だそう。
ティザーPVは現在YOU TUBEで公開されているので何度でも見ることができますが、圧巻の映像です。
アニメの『ULTRAMAN』は、実写のウルトラマンと違い巨大化しません。そして主人公の早田進次郎(早田進の息子)が等身大のスーツを着て戦うという物語です。オリジナルのウルトラマンは特撮巨大化ヒーローというイメージがあります。しかしアニメの原作となる漫画『ULTRAMAN』には、そのままの大きさのヒーローという、特撮との大きな違いがあるのです。
今回原作『ULTRAMAN』を映像化するにあたり、両監督が意識したのは、主人公がヒーローになっていくというドラマの部分と、ドラマに深く関わるキャラクターの部分。そしてモーションキャプチャを使ったウルトラマンの動きだそう。
荒牧監督は「モーションキャプチャで『ULTRAMAN』の活躍を描くということは、中に人間が入っているという感じがすると思うんです。するようにと意識しています」とコメント。あえて「人間が動いている動き」に見せるようにしているんですね。
モーションキャプチャを使って作った映像は、デジタル時代の特撮なんじゃないか、と荒牧監督が熱い口調で語ります。
『ULTRAMAN』はアニメーションの新しい時代の扉を開く先陣になりそうです!その瞬間がもう少しで見られるのだと思うと、たまらなくワクワクしますね!

モーションキャプチャでのアクションに注目!

『ULTRAMAN』で注目すべき点は、モーションキャプチャを使って動きを映像化しているというところです。
モーションキャプチャでのアクションとアニメ的なタイミングの気持ちよい落としどころを意識してアニメーションを制作しているそうで、神山監督は「今までにテレビアニメでは見たことがない絵になると思います」と語りました。
ちなみにモーションキャプチャを使ったアニメーション作りの現場は、役者が演じたデータをその場で3Dのウルトラマンのデータに流し込む、という作業が行われているそうです。
モーションキャプチャのメリットについて問われると、荒牧監督は「役者の演技や感情をデジタル化する装置だと思っている」と答えました。現場では、役者がセリフを覚えてその場で演技したものを取り込んでいるそうで、監督たちと役者たちがまさに一体となりシーンを作り上げているそうです。
モーションキャプチャは簡単にアニメーションを作ることのできる技術だと思われているところがデメリットだというくらい、『ULTRAMAN』制作現場では欠かせない大きなものとなっているようです。
アニメーションが動くという部分を作り上げるのにはとても時間がかかりますが、その部分にモーションキャプチャを使うことで、今まで時間がかかっていた部分を早く手に入れることができます。かといって制作側が楽をしているわけではありません。モーションキャプチャで取り込んだ動きをそのままアニメにするのではなく、アニメーターがさらに手を加えていきます。モーションキャプチャにより、クリエイティブな作業が早く、そして深く行えるようになったのです。アニメーターが「さらにもうひと手間」加える余裕ができ、より良いアニメを作るための底上げがされた制作現場であることが、監督たちの話から伝わってきました。
また、役者が演技した動きを取り込むという作業をすることにより、「役者がどう意識をもって演じるか」という部分まで動きに反映してきます。その結果、監督も気づかなかった部分が役者の演技によりフィードバックされるという効果もあるそうなのです。
様々な面で、より深みのあるアニメーションが作られている様子に期待が高まります。

ウルトラマンスーツのギミックが凄い!

アニメ化するにあたり、「元がカッコイイのでできるだけそのまま残したいと感じた」という『ULTRAMAN』のスーツですが、硬い感じを出すことに意識したそう。確かにウルトラマンのスーツは布ではありません。
質感もセルアニメよりメタルな感じを出せるようにと工夫しているそうです。スーツにはいろいろなギミックが追加されている点も注目で、原作者のお二人は、漫画にもアニメの設定をフィードバックしたいと考えているとのこと。
スーツについて話題が及んだところで、会場にはなんとULTRAMANが登場!ULTRAMANのスーツに内蔵されたギミックを披露してくれました。ULTRAMANがポーズを決めると、腕の各所が光るギミックは本当にクール!
このウルトラマンが3DCGになってアニメになると思うと興奮もひとしおです。
2019年のアニメ『ULTRAMAN』の公開、待ち遠しいですね。

©TSUBURAYA PRODUCTIONS ©Eiichi Shimizu, Tomohiro Shimoguchi
©「ULTRAMAN」製作委員会
【INFO】
アニメ『ULTRAMAN』公式サイト:http://anime.heros-ultraman.com/

他の記事をチェック!