初音ミクがジャズ界のレジェンドとセッション?!大盛り上がりとなった『Yahoo! JAPAN Hack Day』レポート

初音ミクがジャズ界のレジェンドとセッション?!大盛り上がりとなった『Yahoo! JAPAN Hack Day』レポート
ican

キャララボライター

ican

レポート

12月9日(土)~10日(日)に秋葉原UDXで、『Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.』が開催されました。イベントの目玉となったのは、ボーカロイドの「初音ミク」とジャズ界のレジェンド、佐藤允彦氏との即興でのコラボセッション!生誕から10周年を迎えた初音ミクの幅を広げるような実験的なセッションで、集まったファンを大いに魅了しました。

『Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.』とは?

『Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.』は、プログラマーやデザイナーが集う開発イベント「ハッカソン」と呼ばれるイベントの特別版。76チーム300人以上のクリエーター達が集結し、24時間でアプリなどの作品を開発。一般来場者向けの企画展では、「攻殻機動隊」シリーズでおなじみの「タチコマ」など、企業や個人クリエイターによるアイデア作品や最新プロダクトが出展されました。「タチコマ」は8分の1スケールで、音声認識機能で会話が可能!スマホなどで歩行させることができる他に、何と作中にも登場する「並列化」も実現!学習させた情報はクラウドに送られ、他のタチコマと共有することができます。このタチコマの価格は15万7400円~17万7400円とのことでした。

クリスマスの装いでステージに登場!

9日に3回に分けて行われたパフォーマンスでは、日本屈指のジャズピアニストである佐藤允彦氏とのバンドセッションを展開!赤いベレー帽とチェックのワンピースで「クリスマス」の装いの初音ミクが現れ、「クリスマス中止のお知らせ」などをバンドの音楽とともに熱唱。ミクは序盤、「今回は、初音ミクの新しいチェレンジという事で、私は歌とアコースティック楽器の音色と呼吸を合わせて演奏をさせて頂きます!」と話し、大盛り上がりとなりました。

「Mikutap」による即興セッションも!

初音ミクがステージから一旦舞台から姿を消した後は、ウェブコンテンツ「Mikutap」を使ったコラボ演奏が行われました。「Mikutap」では、画面にタップやクリックで触れるとミクの音声が流れてきます。ステージでは、佐藤氏の演奏に合わせて一般の参加者がタブレット端末をタップ。生演奏とタップから奏でられるミクの声による即興演奏に、ミクを連想させる背景映像が重なり、独特の世界観を醸し出していました。

「冨田勲×手塚治虫」楽曲を披露!

その後、初音ミクが再登場!佐藤氏の生演奏をバックに、冨田勲氏が手がけた手塚治虫氏の「リボンの騎士」や「どろろ」、「ジャングル大帝」などのテーマソングを立て続けに披露し、初音ミクのステージは終了しました。終了後に行われたクリプトン・フューチャー・メディアの佐々木 渉氏とヤマハの大島治氏のアフタートークでは、今回の初音ミクの「リアルタイムセッション」の技術的解説や裏話を説明。佐々木氏は「生演奏で初音ミクをやるとは10年前は思っていなかった」と話していました。手塚治虫氏生誕90周年、冨田勲氏生誕85周年、初音ミクの発売10周年を記念したアルバム『初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』は今年9月にリリースされているので、気になった方は是非チェックしてみて下さい!

会場では「初音ミク」限定グッズも!

会場では、アンケートに回答した人に初音ミクのトートバッグやクリアファイル、メモパッドやステッカーの4点がセットとなったグッズプレゼントも開催!このイベントでしか配布されない限定品欲しさに、多くの人が列を作っていました。
■『Yahoo! JAPAN Hack Day 10th Anniv.』公式サイト:https://hackday.jp/
■初音ミク公式ブログ:http://blog.piapro.net/
■初音ミク10周年記念サイト:http://piapro.net/miku10th/
■『初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』特設サイト:http://columbia.jp/tomita/newrelease.html
■クリプトン・フューチャー・メディア株式会社公式サイト:http://www.crypton.co.jp/
■1/8タチコマ 公式ホームページ:https://tachikoma.cerevo.com/ja/

※本ページ掲載内容は2017年12月12日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!