勇気と感動をありがとう!『真島ヒロ原画展』in阪神梅田本店

勇気と感動をありがとう!『真島ヒロ原画展』in阪神梅田本店
Kyoto_Oga

キャララボライター

Kyoto_Oga

レポート

『RAVE』や『FAIRY TAIL』などで知られる人気漫画家、真島ヒロ先生の画業20周年を記念して開催されている『真島ヒロ原画展』が大阪にやってきました。
この原画展の凄いところは、ほとんどの展示物が写真撮影OKだということ。
まさにファンにはたまらない原画展です。

今回、初公開を含め、340点もの原画が展示!見ごたえたっぷりですよ。

より深く味わうためにはボイスガイドがオススメ。
ボイスガイドをレンタル(600円)すれば、『FAIRY TAIL』のハッピー(声:釘宮理恵さん)と『RAVE』のハル&ラッキー(声:関智一さん)がスペシャルな内容で案内してくれます。

阪神梅田本店で開催されている『真島ヒロ原画展』の魅力をご紹介します!

ここから始まった!初期作品の原画たち

会場に入ると、真島先生が1998年に第60回週刊少年マガジン新人漫画賞入選を受賞された『MAGICIAN』の原画がありました。
マスコット的キャラクター、プルーが世に出たのもこの作品からなんですね。

デビュー作品『BAD BOYS SONG』の原画などがあり、まさに真島ワールドの原点を味わうことができます。

ちなみに、展示されているのは手描きのアナログ原稿・原画と、出力されたデジタル原稿・原画の二種類あり、額の色によって分かれています。それぞれの違いも楽しみましょう!

このコーナーでは「短編(ましまえん)」と題し、9点の原画がありました。

代表作の一つ、『RAVE』の原画たち

真島先生の名前を世に知らしめた代表作の一つである『RAVE』の原画たち。
『RAVE』と言えば、週刊少年マガジンにて1999年32号から2005年35号まで連載された冒険活劇漫画です。

プルーやケツプリ団などポップな表現も本作の魅力ですが、何よりも出会いと別れ、友情などが織り込まれた骨太ストーリーに虜になった方も多いのではないでしょうか?

この『RAVE』の展示では、なんと128点もの原画があり、『RAVE』の名場面がよみがえります。
エリーやムジカとの出会い、ゲイルの死、ジークハルトとの誓い、ジュリアとレットの名シーン、最終決戦など、『RAVE』を語る上で欠かせない名場面ばかり!

ストーリーに合わせて展示されているので、『RAVE』を知らないという方でも、『RAVE』の世界観を十分堪能することができます。

カラー原画も色あざやかで美しい!つい見とれてしまいますね。

展示とは別に、壁に描かれた真島先生直筆のイラストを見つけました。
真島先生がここに来られて書かれたそうです。

真島先生と言えばファンを大切にされることで有名です。
至る所にある真島先生のファンサービスも、この原画展の魅力の一つでしょう!

ついに完結を迎えた感動作、『FAIRY TAIL』の原画たち

続いては『FAIRY TAIL』の原画(131点)たちです。週刊少年マガジンにて2006年35号から連載が始まり、2017年34号に惜しまれながら完結しました。国内のみならず世界中で絶大な人気を誇る名作です。

このコーナーでは『FAIRY TAIL』の主要キャラクターごとの原画が展示してあります。個性豊かなキャラクターたちの魅力に触れることができる展示です。
心震える名シーンがたくさん!

最大の見所は、東京会場未公開原画です。東京開催時はまだ連載中だったので、公開に至らなかった最終話の原画が、この大阪会場では見ることができます。
原画で感動をより深く味わっていただきたいと思います。

さまざまな見所

ラクガキ原画のコーナ(70点)では、ラクガキというレベルではない、魅力的なキャラクターに出会うことができます。格好いいキャラやセクシーなキャラまで、遊び心満載の原画たちです。

また、真島先生のアトリエが再現されているコーナーがあり、そこに置かれているディスプレイでは「真島先生の作画風景映像(約6分)」や「『FAIRY TAIL』完成記念メッセージアート紹介映像(約1分)」という貴重な映像を見ることができます。多くの人が映像に見入っていましたよ。

その他に、真島先生の私物が展示されているコーナーがあり、「迷った時に読む心の書」や「実際に使っている筆記用具」、「近くに買い物に行く時に使う小銭入れ」など、真島先生のパーソナルの魅力に触れることができます。

原画展の担当者さんにお聞きした話では、先日行われた真島先生のサイン会の時に、応募が殺到したことを受け、真島先生自ら規定人数を増やして欲しいとの提案があったそうです。また、サインの際に、リクエストされたキャラクターを、一人一人サインと共に描かれたそうで、感動のあまり涙したファンもいたのだとか。
真島先生のファンを思う、心優しいエピソードですね。

ちなみに、最後に展示されているイラスト(写真左下)はサイン会の時に、ファンの前で描かれたそうです。

心ある漫画家だからこそ、その漫画自体にも温もりがあふれ、多くの人を魅了するのでしょう。

真島ワールドに涙腺がゆるみっぱなしでした。

感動を自宅に!魅力的な真島グッズ

最後に『真島ヒロ原画展』で販売されているグッズをご紹介します!

・各50枚限定の直筆サイン入り版画(写真左上)
特に「原画展書き下ろし」と「大阪会場新作」は今回の超目玉!
筆者が伺った時はまだわずか残っていたのですが、残念ながら完売したそうです。
別の版画が数点あるそうなので、購入を考えている方はお早めに!
20,000円(税別)からです。
版画は受注生産なので、お届けが3月末予定だそうです。

・公式パンフレット(写真右上)
「原画展の感動を自宅でも味わいたい!」という方は、公式パンフレットがオススメ。
『RAVE』『FAIRY TAIL』から、短編、読み切り作品、原画展書き下ろしイラストまで102点を収録。たっぷりの32Pで1,200円(税別)です。

・トレーディング缶バッチ(写真右中)
全10種類、絵柄はランダムでのお渡しになります。好きなキャラ当たった時の感動はひとしお!ワクワク、ドキドキがたまりませんね。300円(税別)、お一人様20点までです。

その他にインパクト大のスマートフォンケース(3,800円(税別))やモバイルバッテリー(5,000円(税別))、飾っても付けてもよしのアクリルチャーム(各900円(税別))、すべてそろえたくなるマグカップ(1,800円(税別))、おしゃれで格好良いTシャツ(3,000円(税別))など魅力的なグッズがたくさん!

お買い上げ1,000円ごとになんと、非売品イラストカードがもらえます!
全9種類、絵柄はランダムでのお渡しになります。
この機会に、ゲットしてくださいね!

「真島ヒロ原画展」画業20周年記念in阪神梅田本店は12月24日(日)まで。ぜひ、阪神梅田本店8階の催場までお越しください!

©真島ヒロ/講談社
【INFO】
「真島ヒロ原画展」画業20周年記念in阪神梅田本店
■12月13日(水)→24日(日)
<最終日は午後4時まで (入場は閉場の30分前まで)>
■阪神梅田本店 8階催場
入場料:一般800円 高校生600円 小中学生400円 未就学児無料
主催:トラフィックプロモーション 協力:講談社
ホームページ:http://mashima-hiro.gengaten.com
Twitter:‪@mashima_genga‬‬‬‬

※本ページ掲載内容は2017年12月20日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!