多くのファンが待ち望んだ!短編アニメ『地下鉄に乗るっ』声優さんに直撃インタビュー

多くのファンが待ち望んだ!短編アニメ『地下鉄に乗るっ』声優さんに直撃インタビュー
Kyoto_Oga

キャララボライター

Kyoto_Oga

インタビュー

前回のアフタートークショーに引き続き、太秦萌(うずまさ もえ)役の長谷川奈々さん、松賀咲(まつが さき)役の塚田悠衣さん、小野ミサ(おの みさ)役の谷掛未森さんに直撃インタビューをさせていただきました。

今年3月に任期満了を迎えるというこの3名。今、思うことを存分に語っていただいております。

この記事を読めば、短編アニメ『地下鉄に乗るっ』が何倍も楽しくなる!
声優さんたちの想いをぜひ、ご覧ください。

キャラクターとの出会い

太秦萌役の長谷川奈々さん

ーーーそもそも皆さんは中高生の頃にオーディションで選ばれたそうですが、長谷川さんがオーディションを受けようと思ったきっかけを教えてください。
長谷川:「きっかけは高校の時で、当時、所属していた放送部の顧問の先生が『声優魂』(※)という全国規模の声優オーディションの話を持ってきてくれました。私は臆病な性格なので、『ぜったい受かるわけないやん…』って思っていたんですが、オーディションの特別賞として『地下鉄に乗るっ』のキャラクターを演じられると知り、頑張ろうと決意しました。」

※中学生・高校生を対象にした声優コンテスト。彼女達は2014年の特別賞受賞者として『地下鉄に乗るっ』の声優に抜擢された。

ーーー実際、太秦萌を演じてみていかがでしたか?
長谷川「萌ちゃんは頑張っている人を見ると応援したくなるというキャラクターなのですが、まさに私もそうなんです。演じる度に、私が萌ちゃんに似ていっているという感覚です。」

ーーーアフタートークショーで塚田さんは演じている松賀咲と似ている部分が多いとおっしゃっておられました。その似ている部分について教えてください。
塚田:「オーディションに受かった時点ではまだ担当のキャラクターは決まっていなかったんですが、周囲の友達から『お前はぜったい松賀咲や!』って言われていたので、間違いなく私の役は咲ちゃんだろうって思っていました。基本、ポジティブで明るいところは似ていると思います。当時は髪の毛がロングだったんですが、高校3年生の時に、バッサリ切って見た目も似て来ました(笑)しかも後々調べたら、身長も体重も、一人っ子だっていうところも一緒だったんです。知った時は驚きました!」

ーーー塚田さんが松賀咲を演じる上で難しいと感じる部分はどこでしょうか?
塚田:「今までキャラクターを演じる時は役に応じた声を作っていたのですが、似ているがゆえに、地声のまま演じることが逆に難しかったです。特に初めてCMでアフレコした時は、自分でも納得いかなかったです。」
長谷川:「え〜!?でも聞いている私たちからしたら、完全に松賀咲でしたよ。」
塚田:「そうかな?でも、自分の中でのギャップを埋めていくのが難しかったですね。」

ーーーなるほど。では、谷掛さんはいかがでしたか?
谷掛:「当時、私は中学校3年で、これが初めて受ける大きなオーディションでした。ミサちゃんを見た時から、『この子の声がしたい!』と思っていて、怖いもの知らずで、堂々と課題もクリアできたことを覚えています。
私は二人とは違って、キャラクターとは似てないんじゃないかなと思っています。ミサちゃんは見た目も性格もオタクウケするキャラクターだと思うので、演じている者としても皆に好かれたいという気持ちが強かったです。」

キャラクターが先行することへの不安

彼女達が初めて声優として表舞台に立った「京まふ(京都国際マンガ・アニメフェア)2017」のステージ。

ーーーキャラクターが先行しているということは、ファンの中でもイメージが確立しているという怖さがあると思います。なので、リアルイベントは大変だったのではないかと推測します。初めてのリアルイベントのことを教えてください。
長谷川:「初めての大きなイベントは、声優として選ばれた1年後の京まふでした。もう、訳の分からないまま出演した記憶があります。めちゃくちゃ怖かったです。」
塚田:「お客さんがいなかったらどうしようという不安はありました。しかし、ステージに立つと、全席埋まっていて、立ち見まで出ていて、本当に会場がパンパンでした。」
長谷川:「こんなデカいところに立っていいんかな?って。」
塚田:「いろんな意味で涙が出ました。私はうれしい気持ちが大きかったです。」
谷掛:「私もうれしいの方が大きかった。」
長谷川:「私は、訳わからんかった!笑」
一同:笑

お互いを認め合い、高めあう

松賀咲役の塚田悠衣さん

ーーー今回、満を持して、短編アニメが公開となりました。制作過程での苦労はありましたか?
長谷川:「冒頭に萌が急ぐシーンがあるのですが、その吐息の入れ方が難しかったです。その他にも、吐息だけで演技をするシーンがあったり。」
塚田:「でも、長谷川のセリフのない「・・・」の演技は天下一品です。それは見どころの一つです!ぴったりのやつを当てはめてくるんで。」
谷掛:「(長谷川さんは)声が良いので、聞いていて気持ちがいいなって。」
長谷川:「私自身、笑い声には自信があります。特に、ラストの笑い声は見どころですよ。」

ーーーーお互いをほめ合う感じ良いですね!それでいきましょう。続いては、塚田さんの魅力を教えてください。
長谷川・谷掛:「自然体!」
一同:笑
塚田:「『咲ちゃん=自分』というのは意識するようにしています。自分やったらきっとこうするし、咲ちゃんもこうするやろうなって。難しかったのは、三人で写真を撮るシーンがあって、二人は女の子らしい感じを出している中で、咲は違うやろうと悩みました。アニメCMで写真を撮るときは『イエイ!』って言ってたんですよ、それを取り入れてみたら、案外ウケが良くて。それをアニメに落とし込んでいくというのが一番難しくて時間がかかりました。」
長谷川:「咲は『地下鉄に乗るっ』で一番重要な人物やなってうちは思ってる。」
塚田:「急に(笑)?ありがとう!」
長谷川:「本作では女の子らしいキャラクターが多いんですよ。その中で、色をつけてくれるのが咲ちゃんなんです。咲ちゃんのような存在がいるからこそ、それぞれの個性が際立つ気がします。」

それぞれの個性が生きる

小野ミサ役の谷掛未森さん

ーーーーそれでは、谷掛さんの魅力についてお願いします。
塚田:「声優を決めるときに、私が松賀咲役というのは真っ先に決まったんですが、二人はまだ決まってなかったんです。結局、初めての収録の当日まで教えてもらってなかったので、現場で自分のキャクターを教えてもらったんですが、谷掛さんは、その場ですぐにアフレコに落とし込めていて、すごいなって思いました。」
谷掛:「声を作ることに苦労はなかったんです。事前に、既存アニメのキャラを例に挙げてもらいながら、小野ミサのイメージを聞いていたんですが、そのアニメをよく見ていたこともあり、すぐにパッとできたんだと思います。初めて収録したアニメCMで『はわわ、ちょっと待って〜!」というセリフは、私の記憶では一発OKだったので、私の中のイメージ通りだったんだと思います。」

ーーーーちなみに、普段の谷掛さんはどのようなキャラクターですか?
長谷川:「サバサバ!」
一同:大笑
塚田:「女の子らしいというイメージではない(笑)。」
長谷川:「服装と仕草だけは女の子らしい!谷掛さんは自分の見せ方を一番分かっている。一番、ずるい(笑)。」
谷掛:「そうかな〜?自分では分からないです。自分ではまだまだだと思っているので。」

ーーーしかし、本当に三者三様ですね。
塚田:「それぞれ個性はあると思います。」
長谷川:「悠衣とは波長が合うね。」
谷掛:「都くんの声をやっている大久保照子ちゃんは大人しいけど不思議な空気を持ってる子なので、私と気が合って、だいたい2対2で分かれますね。」
塚田:「確かに、長谷川とは波長が合うな。話していて話が終わらないとか、語り合いとかします。お互い羨ましい部分があるんだと思います。彼女は放送部やったということもあって、技術もセンスもあるので、もっとチャレンジすればいいのにって。そのスキルがいつも羨ましかったです。」
長谷川:「自分に無い物をお互いに持っている感じなんですよ。悠衣はトーク力がすごいし、人望も厚いし、チャレンジすることに恐れがないというか、堂々としているんですよ。私はそれがまったくできなくて、そこが羨ましいと思っています。実際、彼女を目標にしていた時期がありました。」
塚田:「ほんまに!?」
長谷川:「悠衣みたいになれたらいいなって。」
塚田:「なんか告白されているみたいですね(笑)。うれしいです。」
谷掛:「二人だけいい雰囲気かもし出しやがって(笑)。」
長谷川:「みっちゃん(大久保さん)がおらんから(笑)!」

私たちの集大成を見て欲しい!

ーーー最後に、アニメを待ち望んだファンに一言お願いします。
塚田:「私個人としては4年間つちかった集大成を示せたと思っているので、ぜひ皆さんに見ていただきたいです。」
長谷川:「私たちの成長を見て欲しいなと思います。このアニメは私にとって一番大きな作品なので、見どころしかありません!個性とか、個人個人にしか出せないものがいっぱい込められている作品なので、ファンの人たちにもいろんな私たちを見つけてもらえたらなと思います。」
谷掛:「頑張っていこうと思えるのは、ミサちゃんがいたことと、『地下鉄に乗るっ』を大好きなみんながいてくれたからだと思っています。本当に素敵な作品だから見て欲しいです。」

ーーー最後の最後に、「地下鉄に乗るっ」を一言で例えると?
長谷川:「道!『地下鉄に乗るっ』は、地下鉄のようにどこまでも続きます!」
一同:「おおー」
塚田:「メガネです。声優という初めて入った世界で、3年半かけていろんなものが見えてきました。世界が広がったのは『地下鉄に乗るっ』を通してなので、メガネのような存在だったなと。」
谷掛:「出会いです。ミサちゃんに会えたこと、声優の皆さんにも会えたこと、スタッフさんに会えたこと、そして、ファンの皆さんに出会わせてくれたこと、『地下鉄に乗るっ』はまさに出会いです。」


声優の皆さん、長時間のインタビューに答えて下さり、ありがとうございました。
終始笑顔の絶えないインタビューとなりました。

かなり長くなってしまいましたが、『地下鉄に乗るっ』の魅力が少しでも伝わったのなら幸いです。

劇場短編アニメ『地下鉄に乗るっ』は京都シネマにて、1月5日(金)まで!
ぜひ、京都シネマでご覧ください!
【INFO】
短編アニメ『地下鉄に乗るっ』
<CAST / STAFF
>
声の出演 : 長谷川奈々 / 塚田悠衣 / 谷掛未森 / 大久保照子 / 竹村かな

企画 ・ 制作 : 魚雷映蔵 / 監修 : GK 京都 / キャラクターデザイン : 賀茂川 / 主題歌 : 大木ハルミ
協力 : 京都市交通局
<期間>
2017年12月23日(土) ~ 2018年1月5日(金)

※12月31日、1月1日は休館日
<プログラム>
12月23日(土)~29日(金) 21:15~

12月30日(土)、1月2日(火)~1月5日(金) 20:30~
<会場>
京都シネマ

〒600-8411 京都市下京区四条烏丸下る西側 COCON烏丸3F
※京都市営地下鉄 烏丸線「四条駅」2番出口 四条烏丸西 直結
<上映分数>12分
<料金>500円
<予約>劇場にて当日予約のみ
<主催>株式会社魚雷映蔵 協力:京都市交通局、京都シネマ

<記念品プレゼント>
記念品 プレゼント

下記の対象期間中、チケットを購入の際に当日御利用の「市営地下鉄1dayフリーチケット」を提示していただいた方に記念品をプレゼント致します。
※ お一人様1枚限り ※ 各日先着30名様(なくなり次第終了)
詳しくは以下の公式ホームページまで。

公式ホームページ:http://gyorai.net/cinema/

■ 長谷川奈々 Twitter
https://twitter.com/nana_hsegawa

■ 塚田悠衣 Twitter
https://twitter.com/yui_tsukada

■ 谷掛未森 Twitter
https://twitter.com/mimori_tanigake

他の記事をチェック!