多くのファンが待ち望んだ!短編アニメ『地下鉄に乗るっ』声優さんに直撃インタビュー

お互いを認め合い、高めあう

松賀咲役の塚田悠衣さん

ーーー今回、満を持して、短編アニメが公開となりました。制作過程での苦労はありましたか?
長谷川:「冒頭に萌が急ぐシーンがあるのですが、その吐息の入れ方が難しかったです。その他にも、吐息だけで演技をするシーンがあったり。」
塚田:「でも、長谷川のセリフのない「・・・」の演技は天下一品です。それは見どころの一つです!ぴったりのやつを当てはめてくるんで。」
谷掛:「(長谷川さんは)声が良いので、聞いていて気持ちがいいなって。」
長谷川:「私自身、笑い声には自信があります。特に、ラストの笑い声は見どころですよ。」

ーーーーお互いをほめ合う感じ良いですね!それでいきましょう。続いては、塚田さんの魅力を教えてください。
長谷川・谷掛:「自然体!」
一同:笑
塚田:「『咲ちゃん=自分』というのは意識するようにしています。自分やったらきっとこうするし、咲ちゃんもこうするやろうなって。難しかったのは、三人で写真を撮るシーンがあって、二人は女の子らしい感じを出している中で、咲は違うやろうと悩みました。アニメCMで写真を撮るときは『イエイ!』って言ってたんですよ、それを取り入れてみたら、案外ウケが良くて。それをアニメに落とし込んでいくというのが一番難しくて時間がかかりました。」
長谷川:「咲は『地下鉄に乗るっ』で一番重要な人物やなってうちは思ってる。」
塚田:「急に(笑)?ありがとう!」
長谷川:「本作では女の子らしいキャラクターが多いんですよ。その中で、色をつけてくれるのが咲ちゃんなんです。咲ちゃんのような存在がいるからこそ、それぞれの個性が際立つ気がします。」

それぞれの個性が生きる

小野ミサ役の谷掛未森さん

ーーーーそれでは、谷掛さんの魅力についてお願いします。
塚田:「声優を決めるときに、私が松賀咲役というのは真っ先に決まったんですが、二人はまだ決まってなかったんです。結局、初めての収録の当日まで教えてもらってなかったので、現場で自分のキャクターを教えてもらったんですが、谷掛さんは、その場ですぐにアフレコに落とし込めていて、すごいなって思いました。」
谷掛:「声を作ることに苦労はなかったんです。事前に、既存アニメのキャラを例に挙げてもらいながら、小野ミサのイメージを聞いていたんですが、そのアニメをよく見ていたこともあり、すぐにパッとできたんだと思います。初めて収録したアニメCMで『はわわ、ちょっと待って〜!」というセリフは、私の記憶では一発OKだったので、私の中のイメージ通りだったんだと思います。」

ーーーーちなみに、普段の谷掛さんはどのようなキャラクターですか?
長谷川:「サバサバ!」
一同:大笑
塚田:「女の子らしいというイメージではない(笑)。」
長谷川:「服装と仕草だけは女の子らしい!谷掛さんは自分の見せ方を一番分かっている。一番、ずるい(笑)。」
谷掛:「そうかな〜?自分では分からないです。自分ではまだまだだと思っているので。」

ーーーしかし、本当に三者三様ですね。
塚田:「それぞれ個性はあると思います。」
長谷川:「悠衣とは波長が合うね。」
谷掛:「都くんの声をやっている大久保照子ちゃんは大人しいけど不思議な空気を持ってる子なので、私と気が合って、だいたい2対2で分かれますね。」
塚田:「確かに、長谷川とは波長が合うな。話していて話が終わらないとか、語り合いとかします。お互い羨ましい部分があるんだと思います。彼女は放送部やったということもあって、技術もセンスもあるので、もっとチャレンジすればいいのにって。そのスキルがいつも羨ましかったです。」
長谷川:「自分に無い物をお互いに持っている感じなんですよ。悠衣はトーク力がすごいし、人望も厚いし、チャレンジすることに恐れがないというか、堂々としているんですよ。私はそれがまったくできなくて、そこが羨ましいと思っています。実際、彼女を目標にしていた時期がありました。」
塚田:「ほんまに!?」
長谷川:「悠衣みたいになれたらいいなって。」
塚田:「なんか告白されているみたいですね(笑)。うれしいです。」
谷掛:「二人だけいい雰囲気かもし出しやがって(笑)。」
長谷川:「みっちゃん(大久保さん)がおらんから(笑)!」

【INFO】
短編アニメ『地下鉄に乗るっ』
<CAST / STAFF
>
声の出演 : 長谷川奈々 / 塚田悠衣 / 谷掛未森 / 大久保照子 / 竹村かな

企画 ・ 制作 : 魚雷映蔵 / 監修 : GK 京都 / キャラクターデザイン : 賀茂川 / 主題歌 : 大木ハルミ
協力 : 京都市交通局
<期間>
2017年12月23日(土) ~ 2018年1月5日(金)

※12月31日、1月1日は休館日
<プログラム>
12月23日(土)~29日(金) 21:15~

12月30日(土)、1月2日(火)~1月5日(金) 20:30~
<会場>
京都シネマ

〒600-8411 京都市下京区四条烏丸下る西側 COCON烏丸3F
※京都市営地下鉄 烏丸線「四条駅」2番出口 四条烏丸西 直結
<上映分数>12分
<料金>500円
<予約>劇場にて当日予約のみ
<主催>株式会社魚雷映蔵 協力:京都市交通局、京都シネマ

<記念品プレゼント>
記念品 プレゼント

下記の対象期間中、チケットを購入の際に当日御利用の「市営地下鉄1dayフリーチケット」を提示していただいた方に記念品をプレゼント致します。
※ お一人様1枚限り ※ 各日先着30名様(なくなり次第終了)
詳しくは以下の公式ホームページまで。

公式ホームページ:http://gyorai.net/cinema/

■ 長谷川奈々 Twitter
https://twitter.com/nana_hsegawa

■ 塚田悠衣 Twitter
https://twitter.com/yui_tsukada

■ 谷掛未森 Twitter
https://twitter.com/mimori_tanigake

関連記事

他の記事をチェック!