オタクって奥が深くてオモシロめんどくさい……

オタクって奥が深くてオモシロめんどくさい……
Tokyo_Nogami

Tokyo_Nogami

レポート

人は誰しも心の中にオタクを飼っているもの……そんな言葉をつい思い浮かべ、自分が何のオタクなのかを考えさせられてしまうカレー沢 薫先生の問題作『ニコニコはんしょくアクマ』。
主役でけなげにがんばるキュバちゃんと二人のヒロインをご紹介します。

職業は夢魔、あるいは家政夫?!
厄年42歳はキュートな小太り!

インキュバスを知っていますか? 日本語だと夢魔や淫魔と呼ばれ、夢の中に出てきてエロいことをするという悪魔の一種です。キュバちゃんは、このインキュバスらしく、本名はヤマダで厄年の42歳。
処女を孕ませるために人間界へやってきたと言うのです。見た目は癒し系の小太りなのに、ミッションは物騒なのですね。
カレー沢先生が描く主役キャラは超絶けなげなことが多いのですが、キュバちゃんもご多分にもれず、居候しているヒロインのかえでの家でエロチャンスをうかがいつつ炊事洗濯掃除と家事全般に励みます。もっとも、かえでとは全くそういうことにはならないので、「完全にヒモだー。セックス抜きの」状態。
おまけに、かえでがバイトしているケーキ屋はデビルハンターの店でもあり、命を狙われることもたびたび。はたしてキュバちゃんが報われる日はやってくるのでしょうか……。

三次元にはいっさい興味なしヒロイン!

キュバちゃんが狙っている(と同時にお世話をしている)かえでは、イケメンたちと恋愛する乙女ゲーオタク。
現実の男にはいっさい興味が持てません。バイトして稼いだお金は惜しみなくゲームにつぎ込まれていきます。
スマホゲーにハマった時は、課金してガチャを回すためにクレジットカードを10枚増やすほど。まさに泥沼のような課金ヘル。そんなかえでは乙女ゲーにこだわりを持っていて、「最初冷たくされるのは当たり前。そこから気に入られる行動とって、好感度上げるんだよ!」「乙女ゲーのヒロインはそこそこイケてるタイプじゃないとダメなんだよ。仮にもイケメンと恋愛するヒロインがイケてないと、こっちも納得できないからね」とのこと。
バナナで釘が打てるようだと称されるクールボイスの天才声優ウンコパク蔵(なんちゅう名前や)にメロメロで、彼の声を聞けば「耳が妊娠する」と歓喜で叫び、10分間ノンブレスでメス豚と罵られることを願わずにいられない。なかなかのこじらせっぷりです。
【リリース情報】
「ニコニコはんしょくアクマ」は「月刊!スピリッツ」好評連載中。
そして、単行本第3集は、6月末発売予定です。お楽しみに!
オタク女子たちに全く相手にされない、キュバちゃんの明日はどっちだ……!
【INFO】
■小学館コミック『ニコニコはんしょくアクマ』ページ:http://spi-net.jp/monthly/comic023.html
■作者・カレー沢薫先生のTwitter: http://twitter.com/rosia29

関連記事

他の記事をチェック!