地上300mでテトリス!?「PLAY! TETRIS® TOWER」体験レポ

地上300mでテトリス!?「PLAY! TETRIS® TOWER」体験レポ
アイデアスケッチ

キャララボライター

アイデアスケッチ

レポート

高さ日本一の超高層複合ビル、あべのハルカスに巨大な「Tetris®(テトリス)」(以下、テトリス)が出現したという噂を聞き、 60階の展望台「ハルカス300」までやってきました。
展望台から眺める景色は絶景!エレベーターから降りるとみんな「すごい!」と歓喜の声をあげています。
それもそのはず、ここは地上から高さ300m。大阪を一望できるだけでなく、天気が良ければ京都から神戸、そして、大阪南部にある関西国際空港までも見渡すことができるのです。
しかし、こんな高い場所に本当にテトリスがあるのでしょうか!?
不安になりつつ、エレベーターロビーから左側に目を向けると、大きな二つの塔を発見!
それこそが、今回の目的「PLAY! TETRIS® TOWER(プレイ!テトリスタワー)」です。
それでは、地上300mでテトリスをプレイしてきます!

プロジェクションマッピングによって投影された大画面

なんとも大きいテトリスの画面です。
担当者さんにお聞きすると、プレイ画面は高さ約12メートルあるのだとか。
タワーは58階から吹き抜けの60階にわたりそびえ立っていて、60階の天上回廊から操作することができます。
58階から撮ったのがメインビジュアルの写真です。人と比べてみるとその大きさを分かっていただけると思います。
正面とは別に、左右にも小さな画面があり、テトリスをプレイすることができます。
迫力を楽しみたければ正面でプレイしましょう!
しかし、こんなぜいたくなテトリスは料金が高そう!って思うでしょ?
実はプレイ料金は「無料」なんです。(展望台の入場料は必要)
あべのハルカスは2017年で3年を迎え、記念するイベントが一年を通して行われてきました。その第8弾目にあたるのがこの「PLAY! TETRIS® TOWER」です。
タワーにテトリスを投影するのは日本初とあって、今まさに、注目を浴びているイベントです。
筆者が伺った日も老若男女問わず、国籍問わず、多くの人が楽しまれていましたよ。
それでは実際のプレイ感についてご紹介しましょう!

リモコンはこれに限る!

専用の操作リモコンがこちらです。
なんか懐かしい!触り心地もしっくりきます。
操作方法は簡単。
十字キーはブロックを左右下に動かすことができ、
右の丸ボタンはブロックを回転させることができます。
XとAが右回転。YとBが左回転です。
隙間なくブロックを積んでいき、横の列が揃うと、その列が消えてなくなり、点数となります。ふたりで対戦して、点数の多い方が勝ちです。
初めてテトリスをするという人でも大丈夫ですよ!
上まで詰まってしまっても、7段分を自動で消してくれるんです。
子供でも安心してチャレンジできますね。
1プレイ3分間。待っている順番で、ペアになった方と対戦となります。もし、お連れの方とペア対戦をしたい場合はスタッフが調整してくれるので安心ですよ。
筆者は同じく一人で来ていた男性と対戦しました。
結果はこちら!
【INFO】
PLAY! TETRIS® TOWER
■期間:2018年2月28日(水)まで
■開催場所:あべのハルカス 60F「ハルカス300(展望台)」
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
■公式サイト:https://www.abenoharukas-300.jp/enjoy_harukas/pickup08/
■料金
「PLAY!TETRIS® TOWER」、「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」は展望台料金のみで楽しめます。
▽展望台入場料金
大人  1,500円
中高生 1,200円
小学生 700円
幼児  500円
Tetris ® & © 1985~2017 and Tetris trade dress owned by Tetris Holding.
※本ページ掲載内容は2018年1月10日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!