『ボーダーブレイク』PS4版新作の年内発売を発表!
新キャラクターも多数お披露目

『ボーダーブレイク』PS4版新作の年内発売を発表! 新キャラクターも多数お披露目
KS

キャララボライター

KS

レポート

1月11日(木)、稼働9年目を迎える人気アーケードゲーム『ボーダーブレイク』シリーズの新プロジェクト発表会が秋葉原・UDX THEATERにて開催されました。本発表会では、PlayStation4にて完全新作が年内に発売されることが明らかになっています。

アーケード人気作がPS4に登場!
新作オープニング映像に歓声上がる

『ボーダーブレイク』は、ゲームセンターでサービス展開している、10対10の対戦を行うハイスピードロボットチームバトルです。2009年の稼働スタート以降、シリーズ累計プレイヤー数は約50万人に達し、現在は最新作『ボーダーブレイク エックス ゼロ プラス』が全国のゲームセンターで稼働中です。
またグッズやコミカライズ、ノベライズ展開をはじめ、スマートフォン向けゲーム『ボーダーブレイク mobile -疾風のガンフロント-』などを展開している他、賞金制大会の実施、全国でファンイベントを開催。ゲーム外の展開も活発に行っているタイトルです。
今回の発表会では、冒頭に新作のオープニング映像を披露。スクリーンに「PlayStation4」の文字が出ると、詰めかけたファンから歓声が上がりました。

セガ・インタラクティブCEO杉野行雄氏、
PS4進出は「ハイスピードのゲーム性、アクションの気持ちよさを活かすため」

映像終了後、最初にステージに登場した株式会社セガ・インタラクティブ代表取締役社長CEO・杉野行雄氏は、PlayStation4進出の経緯について「私たちの持っているIPの世界観を、きちんと活かしたままより多くの方に触って頂けるように、デバイスごとに最適化して『マルチデバイス・ワンサービス』という戦略をやらせて頂いております。その中で『ボーダーブレイク』は、長所である多人数のハイスピードのゲーム性、アクションの気持ちよさなどを活かすには、やはりPlayStation4だろうという結論に至りました」と説明しました。
また、悩んだ末に基本プレイ無料(一部アイテム課金あり)を採用したとコメント。「ゲームセンターに普段から来て頂いているプレイヤーの皆様には認知して頂いている自信もありますが、やはり全国のゲーマーの方々といった意味では認知が少ないところがある。今回のPlayStation版は、触って頂ければ絶対に面白いと思って頂ける自信がございます。そういう意味で、より触って頂きやすいFREE TO PLAY(F2P、基本プレイ無料の意)というスタイルを選んだ次第です」と話しました。
同シリーズのPlayStation4への進出にあたって、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア・プレジデントの盛田厚氏は、ビデオメッセージで「私もフルカスタマイズした機体で参戦したいと思っています」と期待感を露わにしました。
【INFO】
■商品名:ボーダーブレイク
■対応機種:PlayStaion 4
■発売日:2018年
■価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金あり)
■ジャンル:ハイスピードロボットチームバトル
■プレイ人数:1人(最大10対10 多人数バトル)
■公式サイト:http://ps4.borderbreak.com/
■公式ツイッター:https://twitter.com/SEGABB_PS4
©SEGA
※本ページ掲載内容は2018年1月11日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!