「カワイイ」のルーツが大集結!『Roots of Kawaii 内藤ルネ展~たくさんの愛と夢をこめて~』取材レポ

「カワイイ」のルーツが大集結!『Roots of Kawaii 内藤ルネ展~たくさんの愛と夢をこめて~』取材レポ
Kyoto_Oga

キャララボライター

Kyoto_Oga

レポート

「カワイイ(Kawaii)」は今や、世界共通の言葉。このカワイイ文化のルーツと言われるのが、マルチクリエイター・内藤ルネが描いたキャラクターたちです。

2017~2018年は、ルネの生誕85年、デビュ−65年、没後10年にあたります。
その節目の年を記念した展覧会『Roots of Kawaii 内藤ルネ展~たくさんの愛と夢をこめて~』が、大阪にある大丸梅田店15階の大丸ミュージアムで開催中です。

4つのエリアから構成される本展覧会の見どころをご紹介します!

スタイリッシュでカワイイ!「ルネガール」

最初のエリアは、ルネの名を世に知らしめた「ルネガール」に関する展示、題して「復活!ルネガール」です。

「ルネガール」とは、ルネによって描かれた茶髪or金髪、長いまつげ、大きな目が特徴のキュートな少女たち。1959年にファッション誌『ジュニアそれいゆ』の表紙に登場し、たちまちティーンの女性たちを中心に人気を博しました。
このスタイリッシュでかわいいイラストが50年以上も前の作品だなんて驚きです。

「ルネガール」は、日本人ばなれした容姿を持ちながら、どこか親しみやすさを兼ね備えています。理由のひとつは少女たちの目が正面を向いていないこと。そこが日本人女性ならではの奥ゆかしさを感じさせるのだとか。

先に進むと色あざやかな衣装を身にまとったルネマネキンたちが現れます(写真中)。衣装は、ルネのイラストをもとに文化学園の学生が作成したものです。立体化されるとおしゃれさが際立ちますよね。

同エリアには、『ジュニアそれいゆ』の貴重な原本、ルネが手掛けた単行本『こんにちは!マドモアゼル』、日記帳『ジュニアの日記』の復刻原画、ルネマネキンが多角的に展示してあります(写真下)。

取材当日の会場は平日ながらたくさんの人が訪れ、展示やイラストに見入っていました。

時代を超えて愛されるルネのデザイン

続いては「少女たちのカリスマに」と題した、ルネが携わった少女誌『少女』『少女ブック』『りぼん』『なかよし』等に関する展示エリアです。
ルネがデザインした雑誌付録の文具は、多感な少女たちの心を捉え、一大ブームを巻き起こしました。

このエリアには、1950~1970年ころに発売された雑誌の付録が一挙展示されています(写真下)。
今見てもまったく色褪せない、すてきなデザインですよね。

ボードにはルネの作品に対する想いだけでなく、当時の心境などの様々なメッセージも綴られており、より深いところまで作品について知ることができます。

熱心に展示を見ていた、81歳の女性にお話を伺うことができました。彼女はルネのイラストを見るたび、懐かしくて涙がでるそうです。

女性:ルネが描く女の子はどれも「首」が細くて長いでしょ。首がキレイな女性は、服も映えるし、オシャレに見えるのよ。若い子には、ルネのイラストを見て、ぜひ首を美しく保ってほしいわ。

そう笑顔で話す姿を見て、世代を超えて愛されるルネの魅力を改めて感じました。
ルネが描く少女たちの首の美しさにも注目ですね!

ブームの先駆け!日本人のパンダ像を作りあげた「ルネパンダ」

続いてのエリアは、ルネが生み出したキャラクターたちを展示した「内藤ルネの万華鏡」です。

一世を風靡したキャラクター「ルネパンダ」のイラストや資料が大きな見どころになっています(写真上)。

「ルネパンダ」は1971年、日本で最初に生まれたパンダのキャラクターです。大胆にデフォルメされたかわいらしいデザインは、それ以降のパンダキャラすべてに絶大な影響を与えています。
当時、日本にはまだ本物のパンダがいなかったため、ルネはロンドンの動物園まで出向いてパンダを観察し、このキャラを生み出しました。「ルネパンダ」はすぐに日本で大流行し、パンダブームの先駆けになりました。その1年後、上野動物園に待望のパンダが来園、日本中がそのかわいらしさに熱狂します。

さて、突然ですがみなさんにクイズです!

パンダのしっぽは何色でしょう?

答えは「白」。おそらく、「黒」と答えた方が多かったのではないでしょうか。展覧会の担当者さんいわく、パンダのしっぽが黒いという認識があるのは日本人だけなんだそうです。そのわけは、「ルネパンダ」のしっぽが“より可愛らしい”という理由で黒く描かれているから。本物のパンダがやって来る前から大流行していたのですから、日本人にはそのイメージが強く刷り込まれているのかもしれません。

展示されている「ルネパンダ」のデザイン指示書と色彩原画は、このキャラクターがどのように生まれたかを知ることができるとても興味深い資料です。ぜひ、じっくりご覧になってください。

シャルマントリオシリーズ(写真下)は名前を知らずとも、一度は見たことがある方も多いのではないでしょうか。
左手前から、パリのおまわりさん、海賊のキャプテン・キッド、フランスの水兵さん、バッキンガムの近衛兵さんです。写真はいずれも陶器製。頭の後ろから硬貨を投入できる貯金箱になっています。

ルネの描いたもうひとつの少女像。ミステリアスガール

最後のエリアは、ルネが愛してやまなかったフランス映画の女優像、憂いおびた女性たちを描いた「永遠の女性たち」です。

これまでとはうって変わって、耽美でミステリアスな雰囲気を感じさせる女性たち(写真上)。
74歳まで女性像を描き続けたルネが表現したかったものは何か?
ルネのメッセージとともにイラストを鑑賞することで、クリエイターとしての思いに触れることができるでしょう。

展示会のトリを飾るのは『ジュニアそれいゆ』の元編集長に寄贈した作品「ピンクの少女」の色彩原画です(写真左下)。
ひときわ輝きを放っている、とても貴重な作品です。ぜひ現地でご覧いただければと思います。

展覧会場を抜けるとフォトスポットがあります。
一番のオススメは、イラストがデコレーションされた自撮りミラーです(写真右下)。
記念撮影して、SNSに投稿しましょう!

おしゃれでかわいいルネグッズを販売中

展覧会場を出てすぐのところにあるグッズ販売コーナーでは、たくさんのルネグッズを販売しています。オススメをご紹介します!(すべて税込価格)

・iPhoneケース(写真左上)
ルネのイラストやデザインがあしらわれたスマホケースです。種類はざっと見ただけでも50種類以上と豊富。定番の柄は「ルネガール」でしょう。ぜひ、好みのケースを見つけてください。
ハード型(iPhone5/5s/SE:2,679円 iPhone6/6s:1,059円 iPhone7/8:2,679円)、手帳型(iPhone6/6sPLUS:1,707円 iPhone7/8:4,515円)など。

・ルネパンダ ぬいぐるみ(写真右上)
家に連れて帰りたいNo.1グッズです。そばにいればきっと癒されます。
XXLサイズ:62,640円 Mサイズ:1,296円または2,484円

・A4クリアファイル(写真左中)
どのグッズを買おうか迷ったのなら、A4クリアファイルがオススメ。「カワイイ」を持ち歩きましょう!
全5種類、各324円。

・ポスター A4(写真右中)
手ごろなサイズで、額に入れてお部屋に飾れば部屋のオシャレ度がアップすること間違いなし!
各648円(額は付属していません)

・ポストカード(写真下)
ルネのイラストがデザインされた、とてもおしゃれなポストカードです。友達に送ってもきっと喜ばれます。各162円。

今回ご紹介したのは、展示内容のほんの一部です。ほかにも見どころが盛りだくさん!
『Roots of Kawaii 内藤ルネ展~たくさんの愛と夢をこめて~』は大丸梅田店 大丸ミュージアムにて、1月21日(日)まで開催中です。
カワイイのルーツに触れられる貴重なこの機会、ぜひ会場まで足をお運びください。

© R.S.H/RUNE
【INFO】
Roots of Kawaii 内藤ルネ展~たくさんの愛と夢をこめて~
■会期
2018年1月10日(水)~21日(日)会期中無休
■会場
大丸ミュージアム〈梅田〉大丸梅田店15階
■入場時間
午前10時~午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
■入場料<税込>
一般800円(600円)高大生600円(400円)
※中学生以下無料
※( )内は前売およびご優待料金です。10名様以上の団体、大丸・松坂屋のクレジットカード、大丸松坂屋友の会カード、ブライダルサークル会員証をお持ちの方。前売券発売開始日:12月1日(金)~
セブンチケット(セブンイレブン店頭)、ローソンチケットLコード:55596
※障がい者手帳(身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、小児慢性疾患手帳、被爆者健康手帳)、特定疾患医療受給者証をご提示の方、およびその介添えのための同伴者1名様までご入場いただけます。
■ホームページ
https://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/rune_2017/index.html

他の記事をチェック!