勝手に沖縄健康長寿大使ごっちゃん 子どもと外国人に大人気のシュール系ゆるキャラ

勝手に沖縄健康長寿大使ごっちゃん 子どもと外国人に大人気のシュール系ゆるキャラ
Tokyo_RK

キャララボライター

Tokyo_RK

レポート

美しい海と空に囲まれ、一年中穏やかな気候の沖縄はストレスフリーなイメージとともに「長寿の県」として知られてきました。
しかし近年では全国の平均寿命が沖縄に追い付き、沖縄男性にいたっては全国平均より短命という逆転現象が起こっています。
さらに、沖縄は肥満率と糖尿病の発症率が、男女とも全国ワーストというデータも……。
そんな沖縄県民の健康意識を注意喚起しようと誕生したのが「ごっちゃん」です。

58歳、メタボで酒好き!? 規格外のゆるキャラ ごっちゃん

オレンジ色のボディと真ん丸な目がかわいらしいごっちゃん。
役職は「勝手に沖縄健康長寿大使」。
そう、ごっちゃんは自治体が作ったキャラではなく、沖縄県民の健康を憂いる有志によって生み出されたキャラなのです。
プロフィールもかなりビックリします。
年齢は58歳。もうすぐ還暦という「おじさん」キャラです。これだけでも珍しいのに、好きな食べ物は、脂身たっぷりのラフテー(豚の角煮)と泡盛!
そしてきれいな女の人が好きで、好みのタイプは有村架純さん。現在彼女募集中と、ゆるキャラらしからぬ、リアルな欲望にまみれています
ラフテーと泡盛が好物だというだけあって、ごっちゃんはメタボ体系。そんなごっちゃんが健康長寿大使を務めていること自体とてもシュールです。

ごっちゃんのデザインはゴーヤーと沖縄の聖獣・シーサーをモチーフにしています。かわいいけれどよく見るとなんだか少し怖い感じも……。設定といい外見といい、ゆるキャラにしては異色。実はこれには理由があります。
ごっちゃんの誕生にあたって、「かわいいだけのゆるキャラはもう飽和状態。特徴を持ったキャラにしよう」というアイデアのもと、あえてシュールさを押し出した設定を作ったそうです。

ごっちゃんといえば、ダンス! ごっちゃんエクササイズ

ごっちゃんのモットーは
「いっぱい食べても飲んでも、踊ればいいさー」
というユルさ!
カロリーたっぷりの食事をしてお酒を飲んでも、踊って食べた分を消費すれば問題ない!という考え方のキャラなんです。
ごっちゃんもラフテーを食べて泡盛を飲みますが、「ごっちゃんエクササイズ」というダンスを踊って消費します。
ごっちゃんエクササイズは沖縄のテレビで紹介されたり、YouTubeの動画があるため、沖縄の人たちにはすっかりおなじみになっています!

ごっちゃんエクササイズの動画はこちら!
https://www.youtube.com/watch?v=0JaN9VMnzLc

結婚式の余興に登場!大人気のごっちゃん

今回、ごっちゃんの取材をさせていただいたのは、結婚式の披露宴会場でした。
余興でお面をつけたゲストたちがごっちゃんエクササイズを踊っている最中、突如ステージに本物のごっちゃんが登場! 会場の人たちからは「ごっちゃんだ!!!!」という歓声が上がりました。
ごっちゃんは大きく開いたまんまるの口をしていますが、この口で頭を噛んでもらうと健康になれるのだそうです。ごっちゃんエクササイズが終わった後はいっしょに写真を撮る人や頭を噛んでもらおうとする人たちに囲まれて、人気者ぶりを見せつけていました。

海外でも大人気!! 世界を股に掛けて活躍するごっちゃん

ごっちゃんの活躍は沖縄だけにとどまりません。これまで、シンガポール、アメリカ、台湾、ベトナムを訪れ、どの国でも大歓迎されています。

ごっちゃんがベトナムを訪れた経緯にはおもしろいエピソードがあります。
ベトナムで2015年に開催された越日経済・文化交流フェスティバルで、ごっちゃんエクササイズの映像を流したところベトナムの人たちは大喜び。子どもたちが映像を見ながら勝手にステージに上がって踊り出し、とても盛り上がりました。
翌2016年には「本物のごっちゃんに来てもらおう」とベトナムに招待されます。フェスティバル会場にごっちゃんが登場し、エクササイズの曲が流れると、会場にいたベトナムの人たちが一斉に踊り出したそうです! みんなこの日のために振り付けを覚えてくれたのだとか。
2017年のフェスティバルにもお呼ばれしたごっちゃん。ベトナムの人たちと一緒にごっちゃんエクササイズをたくさん踊って、さらに交流を深めてきました。

2016年には台湾で「日本のゆるキャラグランプリ」が行われ、台湾側からごっちゃんにエントリーの打診がありました。実は日本のゆるキャラグランプリにはエントリーしたことがないごっちゃんですが、「せっかく声をかけてもらったから」と快諾したところ、なんと4位にランクイン!
このときエントリーしていたライバルたちは、日本では広く名前を知られている有名なキャラがたくさんいました。ダークホースの登場と快進撃に驚いたひとも多かったはずです。
これをきっかけに、台湾では知名度バツグンのごっちゃん。台湾の人が沖縄観光中にごっちゃんを見かけると「会いたかった! ファンなの!」と抱きついてくることもあるそうです。

さらにシンガポールではSONYとのコラボも果たし、液晶テレビ ブラビアのシンガポール版パンフレット表紙に登場したこともあります。
また、沖縄出身のアーティスト、モンゴル800とRYUKYUDISKOがシンガポールでライブをした際には前座を務めるなど、インターナショナルかつ広範囲に活動しています。

言葉が通じない外国でも、多くの人がごっちゃんに頭を噛んでもらいたがるそうです。ボディランゲージで交流できるのは大きな強みですね。

なぜ日本ではそれほど知られていないの?

沖縄では大人気のごっちゃんですが、県外ではそれほど知られていません。
なぜかというと、日本最大のゆるキャラのお祭りである「ゆるキャラグランプリ」に一度も出たことがないからです。ごっちゃんは「自分の場所はそこじゃない」と考えてあえてエントリーを避けているのだとか。

ごっちゃんに今後の展望を聞いてみたところ、まだ北海道には行ったことがないので、
「北海道にも行ってみたいさぁ~」
と話してくれました。
現在の活動は沖縄県内が中心ですが、観光PRイベントなどで、関東などの都市部にもちょくちょく出張しています。思いがけない場所でごっちゃんに出会うかもしれません。もしごっちゃんを見かけたら、頭を差し出してみましょう。ガブっと噛んでもらうと健康になれますよ!
【INFO】
ごっちゃんオフィシャルサイト:
http://gochan.okinawa/
ごっちゃんFacebook:
https://www.facebook.com/gochan.okinawa/
ごっちゃんTwitter @gochan_okinawa:
https://twitter.com/gochan_okinawa

関連記事

他の記事をチェック!