【レポート】TVアニメ『宝石の国』展が
有楽町マルイで開催中!
2017年秋放送の傑作を展示で振り返ろう!

【レポート】TVアニメ『宝石の国』展が有楽町マルイで開催中!2017年秋放送の傑作を展示で振り返ろう!
ican

キャララボライター

ican

レポート

2017年10~12月に放送され、巧みなCG技術と独特の世界観から多くのファンを魅了したアニメ『宝石の国』。有楽町マルイでは、2月25日(日)までBlu-ray&DVD発売を記念した本格展示会「TVアニメ『宝石の国』展」が開催されています。
会場に入ると、コンセプトアートや背景美術など貴重な企画資料が盛りだくさん! フォスフォフィライトなど登場人物の実際の宝石なども置かれていて、作品の余韻に浸ることのできる展示になっています。
※ 好評につき『2/25(日)』まで開催延長が決定しました!さらに2/16(金)からは、美術設定の赤木寿子さんによる背景美術の内容を一部変えて展示されます。

色彩美を感じるコンセプトアートの原版は必見!

▲ コンセプトアートの原版とCGアニメの設定資料
会場内はキャラクター紹介→学校→海→(月人との)戦闘→冬……という、全12話をおさらいするかのような流れで展示物が変化します。
必見なのは、アニメの世界観を作り上げた西川洋一さんのコンセプトアートの原版(写真左上、右上)! 2月28日(水)にコンセプトアート集が発売されるのを前に、生の作品を見ることのできるチャンスです! また、フルCGアニメを作るにあたって作成された設定資料(写真左下、右下)も公開。資料の細かい字を追うことで、あの映像美の裏側を垣間見られるようになっています。

背景美術、絵コンテ、プリビズ……まだまだあります!

▲ 背景画やプリビズ映像、山田知子さんによるポスターなど展示は盛りだくさん
コンセプトアートや設定資料以外にも、アニメ「宝石の国」の世界を彩る匠たちの作品が展示されています。
まず、背景美術を手掛けた赤木寿子さんの背景画(写真左上)、思わず目を奪われてしまうような美しさです(2月16日からは背景美術の一部を変えて展示)。また、第1話と最終話のコンテ(写真右上)やCGでアニメーションを付ける際に使用した松本憲生さんによる8話のプリビズ映像(写真左下)も公開。プリビズ映像はアンタークチサイトが連れ去られるあの印象的なシーンですので、作品を振り返りながら制作の裏側を楽しめる内容となっています。
さらに、Blu-ray & DVDのパッケージデザインを手掛けた山田知子さんの制作したポスター(写真右下)やパッケージ企画案など、アニメ「宝石の国」がこの会場に凝縮されているような濃い展示ばかりでした。
【INFO】
■ TVアニメ『宝石の国』展 特設ページ:
https://www.0101.co.jp/403/info/index.html?contents_id=5224
会  場 : 有楽町マルイ 8階 (東京都千代田区有楽町2-7-1)
      店舗HP:https://www.0101.co.jp/086/
会  期 : 2018年1月19日(金)~2月25日(日)
      ※開催期間が延長となりました 
時  間 :11:00~21:00(日・祝は10:30~20:30)
      ※入場は閉店の30分前までとなります 
企画協力 : 講談社、東宝株式会社映像事業部
■ マルイウェブチャネル アニメ『宝石の国』展 Webオリジナル特典付きチケット:
 販売ページはこちら
■ TVアニメ『宝石の国』公式サイト:http://land-of-the-lustrous.com/
■ TVアニメ『宝石の国』Twitter:@houseki_anime
■ マルイノアニメ公式ツイッター:@marui_anime

関連記事

他の記事をチェック!