河森正治監督、『劇場版 マクロスΔ 激情のワルキューレ』製作の苦労を吐露「血の滲むような作業だった」

河森正治監督、『劇場版 マクロスΔ 激情のワルキューレ』製作の苦労を吐露「血の滲むような作業だった」
桜井恒二

キャララボライター

桜井恒二

レポート

「マクロス」シリーズを長年手がける河森正治監督が2月10日(土)、都内で開催された最新作『劇場版マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ』の舞台挨拶に登壇しました。声優キャストの内田雄馬さん、鈴木みのりさん、JUNNAさん、東山奈央さん、西田望見さんとともに劇場版に対する熱い思いを語り、さらに「血の滲むような削る作業だった」と製作の苦労を吐露しました。

キャスト陣が劇場版完成の喜び語る
フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりは「幸せ」と感無量

『マクロスΔ』は、移民が集う惑星を舞台にしたSFロボット作品です。可変戦闘機部隊「空中騎士団」の一員として飛ぶことに生き甲斐を見出すハヤテ・インメルマンと、戦術音楽ユニット「ワルキューレ」のメンバーであるフレイア・ヴィオンの二人を中心に、前作『マクロスF(フロンティア)』から8年後の世界を描いています。

本映画では、『マクロスΔ』のTVアニメシリーズ(全26話)を再構成。「ワルキューレ」の新曲や新カットが盛り込まれています。
『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』キービジュアル
10日の舞台挨拶では、ステージへクルクルと回転しながら颯爽と登場したハヤテ・インメルマン役の内田さんが「TVアニメから劇場版を製作するというところまで、皆様の熱い応援のおかげでここまで来れたと実感している。『マクロス』という作品、『マクロスΔ』という作品がたくさんの人に応援されている事実が、参加させて頂いている自分も嬉しい」とコメント。「僕たちΔ小隊は、ワルキューレのために空を飛んでいる。ワルキューレを支えるために、今回も、このドラマを走り切ったなという感じがスゴくある」と充実感を漂わせました。

フレイア・ヴィオンを演じた鈴木さんは「去年の横浜アリーナのライブの時は、本当に『マクロスΔ』、ワルキューレは一区切りだと思っていた。その1年後に、こうして皆様の前で劇場版の挨拶をできることが幸せ」と感無量の様子。「皆さんが好きなキャラそれぞれにスポットを当てて頂いて、どの視点から観ても楽しんで頂ける作品になっている。フレイアやハヤテやミラージュにかぎらず、色んなキャラを皆さんの好きな視点で観て楽しんでほしい」とアピールしました。

レイナ・プラウラー役の東山奈央さんは、横浜アリーナで開催されたワルキューレの2ndライブで泣きながら歌っていた時は「(本作に関わるのは)最後だと思っていた」と回想。劇場版が決定したと聞いた時は「スゴい嬉しかったですね」とニッコリ。同劇場版で展開される新曲3曲については「今まで私たちが歌ってきた楽曲の中で、さらに複雑なコーラスワークになっている。たぶんカラオケでは一人で歌えない。息継ぎができなくて、複雑な歌い分けになっている」と解説。続けて「『ひとりでも欠けたら意味を失ってしまうから〜』っていう『Absolute 5』の歌詞を継いでいるような感じ。5人でいる意味が強い楽曲が3曲揃っている」と紹介しました。

河森監督、製作の苦労吐露「血の滲むような作業だった」
劇場版製作のきっかけはワルキューレの2ndライブ
盛り上がりを目の当たりにして「妄想が膨らんだ」

『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』舞台挨拶にて。左からJUNNAさん(美雲・ギンヌメール:歌唱担当)、鈴木みのりさん(フレイア・ヴィオン役)、内田雄馬さん(ハヤテ・インメルマン役)、河森正治監督、東山奈央さん(レイナ・プラウラー役)、西田望見さん(マキナ・中島役)。
河森監督は、ワルキューレの決め台詞に合わせて「歌は劇場!」と挨拶して客席を沸かせ、本作の製作の経緯に関して「元々、TVシリーズをやっている途中から『大スクリーンでやりたい』と思っていた」と告白。「ちょうど去年の今くらいにワルキューレの2ndライブに行って、お客さんとワルキューレの盛り上がりを見ている時に、どんどん自分の中で妄想が膨らんでしまった」あまり、「最後のスタッフ挨拶でワルキューレのメンバーに、思わず『劇場版絶対やりますから』と口走ってしまった」とのこと。それがきっかけの一つになり、劇場版の製作が本格化し始めたと明かしました。

製作でスイッチが入った瞬間を問われると「(作品のストーリーを)構成して、『こう編集すれば2時間に収まるかなぁ』と思って編集したら3時間超えていた時に『これはヤバイ』と思ってスイッチが入った。血の滲むような削る作業だった」と製作の苦労を吐露。また「新シーンもあるし、背景を描き直したりした。服を描き直したのは大変だった」と振り返りました。

さらに「TVシリーズに続き、今回の劇場版も大勢のスタッフに支えられて完成することができました。みんなの汗と激情を込めた作品です。『マクロスΔ』もワルキューレも、本当に色々やりたいなと思っています」と熱い思いを語り、「皆さんの応援があればこの先も走っていけると思います。これからよろしくお願いします」と呼びかけました。

イベント最後は、河森監督の「『マクロスΔ』は〜?」という掛け声に合わせて、詰めかけた大勢の観客が「裏切らな〜い!」と応えるコール&レスポンスで締めくくりました。

今後は、2月14日のバレンタインにマキシシングル『ワルキューレは裏切らない』がリリースされる他、2月24日(土)・25日(日)にワルキューレの3rdライブを開催(25日はライブ・ビューイングを実施予定)。2月は『マクロスΔ』月間となりそうです!
【INFO】
■「マクロス」ポータルサイト:http://macross.jp/
■「マクロス」公式Twitter:https://twitter.com/macrossD
■ ワルキューレ特設サイト:http://macross.jp/delta/walkure/livepage.php

©2017 ビックウエスト/劇場版マクロスデルタ製作委員会

※本ページ掲載内容は2018年2月10日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!