映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』公式関連本が発売!

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』公式関連本が発売!
T

Charalab編集部

T

グッズ

2018年2月24日(土)に『さよならの朝に約束の花をかざろう 公式設定資料集』、2018年3月3日(土)に『さよならの朝に約束の花をかざろう 公式美術画集』を発売します。

【映画の紹介】

岡田麿里(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』脚本)初監督の作品。
あらゆる世代の人生を映し出す“出会い”と“別れ”を描いた珠玉の物語。
流れ行く時間。その中で出会った少女と少年。ふたりの生きた“永遠の一瞬”は見る人の人生を問い、大きな感動をもたらす。2018年2月24日(土)全国ロードショー。

【映画のストーリー】

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。
人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。
10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。
両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。
そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。
絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。
マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。
虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。
少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。
ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。
【INFO】
■『さよならの朝に約束の花をかざろう 公式設定資料集』: http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=15874
■『さよならの朝に約束の花をかざろう 公式美術画集』: http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=15878

※本ページ掲載内容は2018年2月23日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!