【取材レポ】1万4千人が大熱狂!「スクフェス感謝祭2018~Go!Go!シャンシャンランド~ in大阪」

【取材レポ】1万4千人が大熱狂!「スクフェス感謝祭2018~Go!Go!シャンシャンランド~ in大阪」
アイデアスケッチ

キャララボライター

アイデアスケッチ

レポート

今年で5周年を迎えた大人気リズムアクションゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)』シリーズのリアルイベント「スクフェス感謝祭2018~Go!Go!シャンシャンランド~in大阪」が5月20日(日)にインテックス大阪にて行われ、1万4千人を超える来場者が詰めかけました。

まずは、大きなモニュメントがお出迎えしてくれます♪

大きな会場に用意されたたくさんの展示物やアトラクション、ステージイベント、グッズに至るまで当イベントの魅力を余すことなくご紹介します!

見ごたえのある展示物はほとんどが写真撮影OK!

▲入り口前の巨大モニュメント!期待に胸が高まります…!
▲スクスタの世界観を表現した巨大展示
▲5周年お祝いキャストサインボード
▲Aqours、μ'sのメンバーがが動く!スクフェスカード展示

会場内には展示物がたくさん!

まず、巨大な展示で目に入ったのは、2018年に配信予定の新アプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」(スクスタ)の世界観を表現した展示です。Aqours、μ’s、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会27名のサイン入りスタンディに加え、スクスタの新規映像展示が大画面に映し出されていました。この後、ご紹介するステージイベントではスクスタの最新情報も発表され、スクスタへの期待がより一層高まります♪

「5周年お祝いキャストサインボード」はその名の通り、5周年を迎えるスクフェスシリーズに対して、Aqours、μ’s、虹ヶ咲スクールアイドル同好会の27名のキャストからのお祝いメッセージがサインとともにつづられていました。ファンへの感謝の気持ちが書かれたボードもあり、アニバーサリーイヤーであることを改めて実感することができました。

昨年9月、スクフェスユーザー数4000万人突破記念キャンペーンの1つとして実施した『着て着て♥衣装総選挙』において、1位に輝いた各メンバーのURカードが、なんと動きのあるカードとして登場!これにはファンも大興奮!

これらの展示物以外にも、東雲学院、青藍高校、藤黄学園などのスクフェスでおなじみの転入生グループごとのスタンディや、Aqours「未熟DREAMER」とμ’s「SUNNY DAY SONG」衣装のリアル展示、Aqoursのキャストサイン入りブルゾンなど見どころ満載!

衣装展示以外は全て写真撮影OKなので、多くの方がスマホやカメラを片手に写真を撮られていましたよ。

多彩なアトラクション

▲カーニバルゲーム
▲みんなでシャンシャン♪〜エキシビジョン〜
▲大きな画面でスクフェス体験♪〜ぺたぺたフェスティバル〜
▲でかスクフェス

まるで縁日に来ているような誰もが楽しめるアトラクションとして、「カーニバルゲーム」という6種類のゲームが用意されていました。景品で「スクフェス感謝祭 2018 オリジナルバルーン」もGETできます!

その他、スクフェスを実際にプレイできるさまざまなアトラクションが用意されていました。

その中でも特に盛り上がりを見せたのは9人協力プレイが可能な「でかスクフェス」!大きなスクリーンに映し出されたゲーム画面に合わせ、足元のボタンでリズムを刻みます。
Aqours、μ’sの楽曲を合わせた計35曲のうち、プレイされる楽曲がランダムで選ばれます。曲が決定されるたびに、大歓声があがっていました。もちろん、プレイ中は観客もノリノリ!ライブ会場さながらの盛り上がりでした♪

【INFO】
スクフェス感謝祭 2018~Go!Go!シャンシャンランド~ 公式サイト
https://lovelive-sif.bushimo.jp/festival2018/

関連記事

他の記事をチェック!