歴史キャラ徹底比較!Vol.9-第9回 維新の三傑 桂小五郎-

歴史キャラ徹底比較!Vol.9-第9回 維新の三傑 桂小五郎-
Tokyo_Asano

キャララボライター

Tokyo_Asano

レポート

歴史上の人物をモチーフにしたキャラクターを紹介する「歴史キャラ徹底比較!」第9回は長州藩の攘夷志士たちのリーダー的存在で、明治維新の立役者「桂小五郎」を取り上げます!

志を貫いた逃げの志士

▼桂小五郎のプロフィール▼

1833年8月11日〜1877年5月26日

出生地:長門国(山口県)

経歴:

桂小五郎は、長州藩の藩医(藩に仕える医者)・和田昌景の長男として生まれましたが、7歳で桂家に養子に出されました。成長した小五郎は長州藩の兵学師範・吉田松陰に山鹿流兵学を学び松陰の強い影響を受けます。幕府が外国と不平等条約を締結すると、条約は破棄すべきとして攘夷を唱え、攘夷活動に身を投じるようになりました。明治維新後は木戸孝允と名を改めて国政を主導し、廃藩置県などの新政策を推し進めますが、西南戦争中に病で世を去ります。

 

長州藩と幕府が戦った禁門の変以降、お尋ね者として幕府に追われるようになった小五郎は、偽名や変装を駆使して追跡をかわし続け、「逃げの小五郎」とあだ名されます。今回は史実の小五郎星5として、それぞれのキャラクターの逃げ足を比べてみましょう。ちなみに、これまでの回とは違い史実を星5にしているのは、史実の桂の逃げ足が高すぎて、彼を超えるほどの逃げ足を持つ描写をされているキャラクターがいなかったためです…。

■恋愛幕末カレシ・BAKUMATSU■

ゲーム『恋愛幕末カレシ』桂小五郎
TVアニメ『BAKUMATSU』桂小五郎

作品名:恋愛幕末カレシ、BAKUMATSU

逃げ足:??

【冷静沈着な苦労人】

古都・京都を観光していた主人公が謎の男からもらったのは、時をさかのぼるように逆進する懐中時計。その時計を手にした主人公は、知らぬうちに幕末の京都へ足を踏み入れてしまう−−。

『恋愛幕末カレシ』は、フリューが配信する恋愛アプリゲームです。甘い恋の物語を読み進めながらキャラクターとの絆を深めていきます。2018年10月4日(木)からは、TBS、BS-TBSにて『恋愛幕末カレシを』原案とし新たな切り口から世界観を描くTVアニメ『BAKUMATSU』が放送開始予定です。

『恋愛幕末カレシ』の桂は眼鏡をかけた端正な青年。現在は攻略キャラクターではありませんが、アニメ公開にあわせてストーリーの配信が予定されています(2018年10月中旬配信予定)。冷静沈着な性格で、任務のためならばためらいなく冷徹な判断を下すことも。しかし、猪突猛進な高杉晋作に振り回されることが多く、特技の「晋作が起こした問題の処理」に苦労が垣間見えます。

【高杉の世話を焼く相棒】

アニメの舞台となるのは、志士たちがそれぞれの信念のもと突き進んだ時代・幕末。幕府が「刻(とき)を操る」秘宝・時辰儀(じしんぎ)を我が物にしようとしていることを知った高杉晋作は、時辰儀の破壊を企てます。しかし、時辰儀を追って京へ向かった高杉たちが目にしたのは、仮面の将軍・無限斎(むげんさい)が支配する「もう一つの幕末(BAKUMATSU)」で−−。

TVアニメ『BAKUMATSU』は、桂の相棒である高杉晋作が主人公。ストーリーがゲームと異なり、“巨城スサノオ”が君臨する「もう一つの幕末」を舞台に繰り広げられる志士たちの熱い戦いを描きます。キャラクターたちのビジュアルや設定もゲームと差異が見られ、ゲームでは和装だった桂は緑のコートにズボンという出で立ちに。また、高杉に振り回される立ち位置はゲームと同様ですが、公式HPで「オカンキャラ」と紹介されているなど、ゲームよりも世話焼きな性格になっているようです。

逃げ足はアニメ放送と彼の本編ストーリー配信がまだのため、不明。今後配信されるストーリー、そしてアニメ放送開始が楽しみですね!

『幕末Rock』公式ポータルサイト:http://bakumatsu.marv.jp/

 

恋愛幕末カレシ公式HP:http://koibaku.renaigame.jp/

 

TVアニメ「BAKUMATSU」http://www.tbs.co.jp/anime/BAKUMATSU/

 

※本ページ掲載内容は2018年9月18日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!