2019年、第9回ライセンシングジャパン開催!

2019年、第9回ライセンシングジャパン開催!
Tokyo_Motsura

Tokyo_Motsura

レポート

今年も4月3日から5日にかけて、東京ビックサイトで「ライセンシングジャパン」が行われました!
「コンテンツ東京2019」の一部門として行われる「ライセンシングジャパン」は、世界からあらゆるキャラクターやブランドが一堂に集まる、ライセンシング商談展。メーカー・小売の商品部をはじめ、広告代理店、メディア産業などが参加します。

日本進出を目指す、アジアのキャラクターが熱い!

中国の子どもたちに絶大な人気を持つ「豆楽」。
LINEでお馴染み「ポコタ」。
孔子をキュートにしてしまった「孔子爺や」!

「ライセンシングジャパン」には、キャラクター大国ニッポンとあって、多くのキャラクターが参加しています。
そして日本ではまだ知名度が低いけれど、外国では大人気、というキャラクターも日本進出を目指して多く参加していました。

 

「豆楽」は中国の子どもたちには絶大な人気を誇る児童ブランド。黄色い明快なキャラクターが、中国の童謡や伝統を伝えてくれるアニメーションを発表しており、その再生数は2年で33億回を突破したそうです。中国本土ではアパレルや人形の他に、知能スピーカーやインテリジェンスロボットなどのグッズが販売されています。

 

「ポコタ」はLINEのスタンプやゲームで見た事がある人も多いハズ。欧米っぽい雰囲気もありますが、実は韓国産まれ。「POKOPANG!」というゲームのシリーズのキャラクターなのです。ポップでかわいいのだけど、ちょっと悪賢そうに見える容姿がなんとも絶妙です。ふわふわとした容姿を活かしたアパレルの他に、スリッパやバックなどの実用品が出品されていました。

 

そして中国から、超大物キャラクターも来日! その名も「孔子爺や」! もちろん由来は中国の思想家、哲学者で儒教の始祖である孔子。孔子様がこんなにかわいくなりました。「絶対必勝 試験の神様が日本にやってきた!」というキャッチフレーズは、受験生やそれを応援する人たちの心を鷲掴みにしそうです!

日本だって負けていません!

「モンスターハンター」
「囚われのパルマ」や「戦国BASARA」等
広島ホームテレビのキャラクター「ぽるぽる」。地元では有名。

もちろん、日本の超メジャーなブランドも参加していました。

 

「株式会社カプコン」の出展ブースでは、「モンスターハンター」や「戦国BASARA」をはじめとした様々な人気ゲームのグッズを展示。
それぞれのコンテンツのターゲット層に合わせた、多岐に渡るカテゴリーのグッズが多数展示されていました。

 

地方の有名キャラクターが全国進出を目指して参加する姿もありました。
広島ホームテレビの「ぽるぽる」は2000年に誕生したキャラクター。広島県内の学校や幼稚園、スポーツクラブなどで「ぽるぽる」と一緒にダンスをする映像が毎週流されていて、広島ではとても有名なキャラクターです。

【INFO】

 

■「POKOPANG!」公式サイト:https://www.pokopang.com/
■「POKOPANG!」公式Twitter:https://twitter.com/@pokopang_info

 

■「孔子爺や」公式Twitter:https://twitter.com/@koshijiya

 

■株式会社カプコン ライセンスビジネスサイト:http://www.capcom.co.jp/license/index.html

 

■「広島ホームテレビ」公式サイト:https://www.home-tv.co.jp/
■「広島ホームテレビ」公式Twitter:https://twitter.com/HOMETV_PR

 

■「ニャーおっさん」公式サイト:http://nyaossan.com/
■「ニャーおっさん」公式Twitter:https://twitter.com/@nyaossan
■「ニャーおっさん」公式Instagram:nyaossan

 

関連記事

他の記事をチェック!