永井豪50周年記念作品 原作漫画『デビルマン』アニメ化決定!

永井豪50周年記念作品 原作漫画『デビルマン』アニメ化決定!
タカハシ

Chara lab 編集部

タカハシ

ニュース

あの漫画史に残る大傑作、永井豪原作漫画『デビルマン』を、湯浅監督(『ピンポンthe animation』『夜は短し歩けよ乙女』)が映像化!
現代版リメイクで、原作のラストまで描かれます!!
原作者・永井豪50周年を記念し、漫画史に残る大傑作、原作漫画『デビルマン』が、新タイトル『DEVILMAN crybaby』として蘇ります。

監督は『ピンポン THE ANIMATION』など多くのハイクオリティな作品を手掛け、『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、『夜明け告げるルーのうた』(5月19日公開)と2カ月連続劇場公開が控える、アニメーション作家・湯浅政明監督。
日本を代表するクリエイターが、日本を代表する原作漫画のアニメ化に挑戦します!

原作コミック『デビルマン』は、1972年より漫画誌『週刊少年マガジン』(講談社)で連載。
全世界での単行本発行部数が累計5,000万部を記録。
海外でも高い人気があり、英語圏を始め、イタリア・香港・フランス・韓国など、多数の国で翻訳版が出版されています。
これまで、映画、アニメ・ゲーム・小説・派生マンガなど、多くのメディアミックスが行われ、日本を代表する作品です。

その原作漫画『デビルマン』が、Netflixというネット配信の新たなプラットフォームでアニメ化されます。
「今作は、デビルマンの原作が持つニュアンスを最大限活かしつつ、湯浅監督に現代に描かれるべきアニメとして、新たな映像化をしていただきます。激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現に挑みます。永井豪先生の原作に真正面から向き合う『DEVILMAN crybaby』に是非ご期待ください。」(アニプレックス・プロデューサー:新宅洋平)。

監督は、今最も旬なアニメーション作家・湯浅政明。
『マインド・ゲーム』にて、毎日映画コンクール大藤信郎賞、『ピンポン THE ANIMATION』でTAAFアニメオブザイヤー・TV部門グランプリなど受賞作多数。
星野源が主人公の声優を務めることでも大きな話題沸騰中の映画『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、初の劇場オリジナル映画『夜明け告げるルーのうた』(5月19日公開)、そして今冬には『DEVILMAN crybaby』と、湯浅監督の新作アニメーションが続きます。
2017年度はまさに【湯浅政明監督イヤー】と言っても過言ではないでしょう。
全く違ったタイプの作品を作り続ける湯浅監督が、この伝説の原作漫画をどのように描くのか、注目が集まります。

そして、脚本には、『コードギアス 反逆のルルーシュ』を始め、『甲鉄城のカバネリ』など、ドラマ性の高いストーリーを描くのを得意とする脚本家・大河内一楼。
音楽は牛尾憲輔が参加し、牛尾は湯浅政明監督作『ピンポン THE ANIMATION』にて音楽を担当。
企画、プロデュースは、アニプレックスとダイナミック企画が行い、世界に向けたデビルマンをつくる、最高のスタッフがここに集結しました。
そして、原作ファンなら一番気になる点、それは今まで一度も実現されず、描かれたことがなかった【原作漫画の結末】までをアニメーション化すること。
飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、そしてデビルマン対サタンのハルマゲドンまでを、この『DEVILMAN crybaby』では描き切ります。

1972年連載開始から45年、『デビルマン』が2017年の世界に向けて、どんなメッセージを打ち出すのか、ぜひ、今後の『DEVILMAN crybaby』にご注目ください!

『DEVILMAN crybaby』は、Netflix独占で全世界公開。
同作品は、日本語の他9ヶ国語に吹き替え、字幕は25カ国語、さらに全世界190カ国にて公開される。

●字幕:25ヶ国語
日本語CC、英語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語、アラビア語、オランダ語、デンマーク語、フランス語、フィンランド語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、ポルトガル語(ブラジル)、ノルウェー語、スペイン語(標準)、スペイン語(カスティリア)、スウェーデン語、ポーランド語、トルコ語、タイ語、ルーマニア語、ヘブライ語、ギリシャ語、ベトナム語
●吹替:9ヶ国語
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語(標準)、スペイン語(カスティリア)、ポーランド語、トルコ語

永井豪先生、湯浅政明監督などからのコメントを紹介!

■永井豪先生コメント
原作コミック『デビルマン』のアニメ化のお話を聞いた時、まず一番に思ったのは「最後まで描いてくれるの?」でした(笑)。
僕が絶大な信頼を置いている湯浅監督なら、やりきってくれると信じています。
デビルマンとデーモンの闘いが、アニメーションでどのように描かれ、決着がつくのか。
二度と実現出来ないかもしれない『デビルマン』の結末までのアニメーションを、僕自身楽しみにしています。

■湯浅政明監督コメント
最も衝撃を受けた漫画『デビルマン』のアニメ化を、まさか自分がやる事になるとは!
漫画史上最高とも言える衝撃的な展開と壮大なラストシーンにたどり着くため、原作のスピリット、エッセンスを「今やるアニメーション」の形に落とし込む作業に日々悪戦苦闘中です。
しかし配信という事で制約も少ないので、限界までやりますよ!バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に「愛」です。
楽しみに待っていてください。

■牛尾憲輔コメント
湯浅政明監督と漫画『デビルマン』をアニメ化させて頂きます。
永井豪先生による壮大な一大叙事詩の本質を、余すことなくアニメにするためにチームが一丸となって取り組んでいます。
監督とともに巨大な原作に挑むのはピンポン The Animation以来。
あの時と同じチームで、またあの熱い日々を過ごせている事をとても光栄に思っています。
監督がおっしゃる通り「愛」の作品です。是非ご期待下さい。

【物語】
主人公、不動明はある日親友の飛鳥了から、地球の先住人類「デーモン(悪魔)」が復活し、地球を人類から奪い返そうとしていることを知らされます。
了は明に、デーモンの超能力を取り入れて戦わなくては人類に勝ち目はないと、デーモンと合体する話を持ちかけます。
明は、悪魔の力と人間の心を持つデビルマンとなることに成功。
デビルマン、不動明の戦いが始まりますー。

デビルマン

1972年に週刊少年マガジン(講談社)にて連載が開始された永井豪による漫画作品。
単行本発行部数は累計5,000万部。
連載と同年にテレビアニメ化され、NET(現テレビ朝日)系列で放送されました。
悪魔の力を手に入れた主人公・不動明が襲い来るデーモンと戦うという設定は漫画・テレビアニメに共通するものの、アニメではデビルマンがヒロインを守る為に敵と戦う、勧善懲悪ものとなっている一方で、漫画では神や悪魔といった存在を通して、人間とは?という大きな問いを投げかける作品。
漫画家やアーティスト、クリエイターからも影響を受けた作品としてあげられることが多く、これまでテレビアニメのみならずOVA、実写作品など多数製作されています。

■STAFF
原作 永井豪『デビルマン』
監督 湯浅政明
脚本 大河内一楼
音楽 牛尾憲輔
アニメーション制作 サイエンスSARU
Produced by Aniplex Inc./Dynamic Planning Inc.
In Association with Netflix
-----------------------------------------
Executive Producer:岩上敦宏 永井隆 上木則安
Producer:新宅洋平 永井一巨
Animation Producer:Choi Eunyoung

©Go Nagai-Devilman Crybaby Project
【INFO】
■公式サイト:http://devilman-crybaby.com/ 
■公式ツイッター:@DevilmanCryBaby

★『DEVILMAN crybaby』 イベント開催!!
【日程】 2017年3月25日(土)
【時間】 10時45分~11時30分(客席整理券対応)
【場所】 AnimeJapan東6ホール セミナーステージ
【登壇者】 永井豪、湯浅政明監督
年齢問わず今もなおファンが多い大傑作『デビルマン』の原作者・永井豪と大人気アニメーション作家湯浅政明監督のトークイベントがAnimeJapanで実現!
新作「DEVILMAN crybaby」の裏側に大注目です!
※AnimeJapan 2017への入場は別途入場券が必要となります。
詳しい情報はAnimeJapan 2017公式サイト(https://www.anime-japan.jp/)をご覧ください。

※本ページ掲載内容は2017年3月17日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!