永井豪50周年記念作品 原作漫画『デビルマン』アニメ化決定!

永井豪50周年記念作品 原作漫画『デビルマン』アニメ化決定!
タカハシ

Chara lab 編集部

タカハシ

ニュース

あの漫画史に残る大傑作、永井豪原作漫画『デビルマン』を、湯浅監督(『ピンポンthe animation』『夜は短し歩けよ乙女』)が映像化!
現代版リメイクで、原作のラストまで描かれます!!
原作者・永井豪50周年を記念し、漫画史に残る大傑作、原作漫画『デビルマン』が、新タイトル『DEVILMAN crybaby』として蘇ります。

監督は『ピンポン THE ANIMATION』など多くのハイクオリティな作品を手掛け、『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、『夜明け告げるルーのうた』(5月19日公開)と2カ月連続劇場公開が控える、アニメーション作家・湯浅政明監督。
日本を代表するクリエイターが、日本を代表する原作漫画のアニメ化に挑戦します!

原作コミック『デビルマン』は、1972年より漫画誌『週刊少年マガジン』(講談社)で連載。
全世界での単行本発行部数が累計5,000万部を記録。
海外でも高い人気があり、英語圏を始め、イタリア・香港・フランス・韓国など、多数の国で翻訳版が出版されています。
これまで、映画、アニメ・ゲーム・小説・派生マンガなど、多くのメディアミックスが行われ、日本を代表する作品です。

その原作漫画『デビルマン』が、Netflixというネット配信の新たなプラットフォームでアニメ化されます。
「今作は、デビルマンの原作が持つニュアンスを最大限活かしつつ、湯浅監督に現代に描かれるべきアニメとして、新たな映像化をしていただきます。激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現に挑みます。永井豪先生の原作に真正面から向き合う『DEVILMAN crybaby』に是非ご期待ください。」(アニプレックス・プロデューサー:新宅洋平)。

監督は、今最も旬なアニメーション作家・湯浅政明。
『マインド・ゲーム』にて、毎日映画コンクール大藤信郎賞、『ピンポン THE ANIMATION』でTAAFアニメオブザイヤー・TV部門グランプリなど受賞作多数。
星野源が主人公の声優を務めることでも大きな話題沸騰中の映画『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、初の劇場オリジナル映画『夜明け告げるルーのうた』(5月19日公開)、そして今冬には『DEVILMAN crybaby』と、湯浅監督の新作アニメーションが続きます。
2017年度はまさに【湯浅政明監督イヤー】と言っても過言ではないでしょう。
全く違ったタイプの作品を作り続ける湯浅監督が、この伝説の原作漫画をどのように描くのか、注目が集まります。

そして、脚本には、『コードギアス 反逆のルルーシュ』を始め、『甲鉄城のカバネリ』など、ドラマ性の高いストーリーを描くのを得意とする脚本家・大河内一楼。
音楽は牛尾憲輔が参加し、牛尾は湯浅政明監督作『ピンポン THE ANIMATION』にて音楽を担当。
企画、プロデュースは、アニプレックスとダイナミック企画が行い、世界に向けたデビルマンをつくる、最高のスタッフがここに集結しました。
そして、原作ファンなら一番気になる点、それは今まで一度も実現されず、描かれたことがなかった【原作漫画の結末】までをアニメーション化すること。
飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、そしてデビルマン対サタンのハルマゲドンまでを、この『DEVILMAN crybaby』では描き切ります。

1972年連載開始から45年、『デビルマン』が2017年の世界に向けて、どんなメッセージを打ち出すのか、ぜひ、今後の『DEVILMAN crybaby』にご注目ください!
【INFO】
■公式サイト:http://devilman-crybaby.com/ 
■公式ツイッター:@DevilmanCryBaby

★『DEVILMAN crybaby』 イベント開催!!
【日程】 2017年3月25日(土)
【時間】 10時45分~11時30分(客席整理券対応)
【場所】 AnimeJapan東6ホール セミナーステージ
【登壇者】 永井豪、湯浅政明監督
年齢問わず今もなおファンが多い大傑作『デビルマン』の原作者・永井豪と大人気アニメーション作家湯浅政明監督のトークイベントがAnimeJapanで実現!
新作「DEVILMAN crybaby」の裏側に大注目です!
※AnimeJapan 2017への入場は別途入場券が必要となります。
詳しい情報はAnimeJapan 2017公式サイト(https://www.anime-japan.jp/)をご覧ください。

※本ページ掲載内容は2017年3月17日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!