『初音ミク×手塚治虫』
過去と現代を繫ぐコラボ企画展、開催中!

『初音ミク×手塚治虫』過去と現代を繫ぐコラボ企画展、開催中!
Kyoto_MS

Kyoto_MS

レポート

誰でも簡単に歌を歌わせることができるバーチャル・シンガーソフトウェアの初音ミク。
彼女から創り出されたアート作品は、音楽だけにとどまらずイラストや小説、ゲーム、舞台と世界中のクリエーターを世に送り出してきました。
今や世界の歌姫となった初音ミクが、2017年7月1日(土)~10月23日(月)兵庫県・宝塚市「手塚治虫記念館」にて、漫画の神様・手塚治虫とコラボレーションしています。
今回は、そのコラボ企画展「初音ミク×手塚治虫展-冨田勲が繋いだ世界-」についてご紹介していきます!

「初音ミク×手塚治虫」異色のコラボレーションが実現!

全く接点のなさそうな両者を巡り会わせたのは、企画展名に名前が入っている日本の作曲家・冨田 勲(とみた いさお)氏。
『ジャングル大帝』や『リボンの騎士』など、多くの手塚アニメの音楽を手がけていた冨田氏は、晩年初音ミクを使用した楽曲『イーハトーヴ交響曲』に力を注いでいました。
その公演で、『リボンの騎士』の主人公・サファイア姿の初音ミクを登場させたことがきっかけとなり、冨田氏生誕85周年と初音ミク誕生10周年という節目にこの特別なコラボが企画されました。

動き回るサファイア姿の初音ミクを見られるレア体験!

『火の鳥』の生命維持装置をモチーフとした展示を抜け、2階の企画展の中に入ると、約50センチの3Dコンピューターグラフィックス(CG)の初音ミクがお出迎えしてくれます。
くるくると動きながら『リボンの騎士』のオープニングテーマを歌っている映像は、コラボのきっかけとなった冨田氏の楽曲『イーハトーヴ交響曲』で実際に使用されたもの。
『イーハトーヴ交響曲』に続いて2度目の公開とのことで、動きまわるサファイア姿の初音ミクを至近距離で見るというレアな体験を堪能できます。

さらに進むと、等身大の初音ミクフィギュアや公式イラストのラフ、歴代のソフトパッケージなど初音ミクワールドが展開されており、初音ミクファンには堪らない空間となっています!

企画展の目玉!現役クリエーターが創り出す、手塚治虫作品とのコラボ

今回のコラボレーションの目玉はなんと言っても、現代の有名クリエーターが描いた手塚作品をテーマにした初音ミクのアート作品。

■「ねこいた」さんが描いた初音ミク×鉄腕アトム(画像左)
テクノロジーが発達した現代をアトムに案内しているミク。
その後ろでは、逆にアトムが漫画の世界をミクに紹介している様子が描かれています。
手塚治虫が描いた未来の象徴・アトムとその未来である現代の象徴・ミクが融合された素敵な作品となっています。

■「はんにゃG」さんが描いた初音ミク×ブッダ(画像右)
般若心経をテーマにした楽曲『般若心経ポップ』でPVイラストを担当したはんにゃGさんが、まさかの『ブッダ』とコラボレーション。
現代の手法で釈迦の教えを伝えていく両作品の巡り合わせも偶然ではないかもしれません。

どんな作品にもスッと溶け込んでしまう初音ミクは、同じキャラクターの役柄や性格を変え、別作品に登場させる手塚治虫が漫画に用いた手法「手塚スターシステム」に通じる部分があるように感じました。

この他にも、合計11人の豪華なクリエーターがコラボレーションに参加しています。
ここでしか見ることができない様々な世界観で描かれた初音ミクをお楽しみください!

数量限定!限定缶バッチが貰える飲食コラボレーションも開催中

企画展開催期間中、手塚治虫記念館の近隣飲食店8店舗で、初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKOの6人のキャラクターをイメージしたコラボメニューが提供されています。
コラボメニューを注文するとクリエーター描き下ろしのビジュアルデザイン缶バッチが数量限定で貰えるとのこと!
これはぜひとも行くしかないですね!

宝塚市のグルメを堪能&限定缶バッチ全制覇!?

さっそくコラボメニューを提供しているお店のひとつ「天麩羅 味ごよみ すずき」に行ってみました。
初音ミクのイメージが強いネギがたっぷり入ったかきあげあんかけ丼を注文。
お店ごとにもらえる缶バッチが異なり、「すずき」ではヒョーゴノスケさんの限定缶バッチをゲットできます!

まずは気軽に、館内のジャングルカフェで購入できる「初音ミク色の碧いソーダwithアロエキューブ」を注文して、缶バッチ全制覇に挑戦してみるのも楽しいかもしれませんね!

その他、併設されているミュージアムショップでは、今回参加したクリエーターが描いた『初音ミク×手塚作品』のタペストリーやクリアファイルなど多数のコラボグッズが多数展開されています!
企画展の世界をさらに楽しめる、両者ファン共に堪らないグッズばかりです。

さて、「初音ミク×手塚治虫展-冨田勲が繋いだ世界-」のレポートはいかがだったでしょうか。
館内の様子を見てみると、親が子どもに手塚作品を教え、子どもが親に初音ミクについて教えている姿が多く見られました。

手塚作品を知っていても絶盛期の手塚治虫は知らないという世代のクリエーターが、新たな世界を作りだし「世代」をも繋いでいるところが今回の企画展の醍醐味ではないでしょうか。

2017年7月1日(土)~10月23日(月)と長い間開催しているので、ぜひお友達や家族と「繋がり」を感じる素敵な世界を味わってみてください。
【INFO】
第71回企画展 「初音ミク×手塚治虫展ー冨田勲が繋いだ世界ー」
会  場:手塚治虫記念館
(武庫川町7番65号 JR・阪急宝塚駅、阪急宝塚南口駅)
会  期:2017年7月1日(土)~10月23日(月)
開館時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休 館 日 :毎週水曜日(7月19日・26日、8月中は開館)
入 館 料 :大人700円(560円)、中高生300円(240円)、小学生100円(80円)
※(  )は10人以上の団体料金
主  催:宝塚市・宝塚市教育委員会

▼初音ミク×手塚治虫展ー冨田勲が繋いだ世界ー
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000020/4000157.html
▼クリエーター詳細
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000020/4000157.html
▼コラボメニュー店舗詳細
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000020/4000159.html
▼コラボグッズ詳細
http://tezukaosamu.net/jp/news/n_2197.html

他の記事をチェック!