舞台はパリ!リサとガスパール×ハローキティ

舞台はパリ!リサとガスパール×ハローキティ
K

Charalab編集部

K

ニュース

▲タイトル:屋上から何が見えるかな?
株式会社サンリオの「ハローキティ」と株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがマスターライセンスを保有するフランス生まれの人気キャラクター「リサとガスパール」の初となるコラボレーションが決定!
今回のコラボレーションにあたり、「リサとガスパール」の作者である、アン・グットマン、ゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻とサンリオのハローキティ・デザイナー、山口裕子がパリ、南仏にて油絵7点を共同制作しました。
「リサとガスパール」がキャラクターとコラボするのは初めてで、山口裕子が油絵で「ハローキティ」を描いた初めての合作になります。
2018年にこれら油絵を元にしたデザインを中心としたサンリオからの商品化をはじめ、様々なカテゴリーで幅広い展開が予定されています。
▲タイトル:ホットチョコレートでカンパイ
~「リサとガスパール」(Gaspard et Lisa)~
作者のアン・グットマン(文)、ゲオルグ・ハレンスレーベン(絵)夫妻によって描かれた絵本シリーズのキャラクター。
白いからだに赤いマフラーを巻いた女の子の「リサ」と黒いからだに青いマフラーを巻いた男の子の「ガスパール」は、うさぎでも犬でもない…とびきりキュートなパリの住人。
人間の学校に通って友だちはいっぱいだけど、ふたりは特別に仲良しな“永遠の友達”。
遊びもいたずらもいつもいっしょです!
1999年にフランスで出版を開始し、日本では2000年から現在まで40タイトルの絵本が発売されており、累計販売部数は200万部以上に及びます(2017年8月現在)。
2010年には初のアニメーション(第1シリーズ:全51話)が完成。
原作のあたたかな雰囲気をそのままに、パリに暮らすふたりとその家族たちが活き活きと描かれた新しいストーリーも加わり、幅広いファンに受け入れられ世界80ヵ国以上で放送されています。
商品はファッション、ステーショナリー、モバイルグッズからペットグッズまで販売され人気を博しています。
また山梨県の富士急ハイランドに隣接して世界初のテーマパーク「リサとガスパールタウン」が2013年にオープンしています。
▲タイトル:ようこそパリへ【画像左】
▲タイトル:メトロに乗って【画像右】
▲タイトル:楽しい野外コンサート【画像左】
▲タイトル:セーヌ川でおしゃべり【画像右】
▲タイトル:タイトル:パン屋さんでお買いもの
アン・グットマン(左)、ゲオルグ・ハレンスレーベン(中)、サンリオ 山口裕子(右)
(C)2017 Sony Creative Products Inc. / Hachette Livre, Anne Gutman and Georg Hallensleben
(C)1976,2017 SANRIO CO.,LTD.
【INFO】
■リサとガスパール
公式ウェブサイト:http://www.lisagas.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/gaspard_lisa_jp
■ハローキティ
サンリオ公式ウェブサイト ハローキティページ:https://www.sanrio.co.jp/character/hellokitty/
※本ページ掲載内容は2017年9月1日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!