AGF2017『バンドやろうぜ!』ステージ&ブース

AGF2017『バンドやろうぜ!』ステージ&ブース
Tokyo_RK

キャララボライター

Tokyo_RK

レポート

2017年11月3日(金・祝)〜4日(土)、池袋で開催されたアニメイトガールズフェスティバル(AGF)2017では、大人気ゲームアプリ『バンドやろうぜ!』のブースが出展され、3日午後には噴水広場でトークショーとミニライブが開催されました。
観客の熱い熱気で盛り上がったステージの様子と、意外なキャラの三次元化が話題になったブースでの物販についてお伝えします。

「デュエル・ギグ!vol.2」選曲の理由とは?

2017年10月25日に発売された、『バンドやろうぜ!』のセカンドCD「デュエル・ギグ!vol.2」を記念し、噴水広場ではトークショーとライブが開催されました。
ステージに登場したのは『バンドやろうぜ!』プロデューサーの足立和紀さんと、ゲーム内に登場するバンドOSIRISのボーカルである高良 京役の小林正典さんです。
アルバムがリリースされたことに対し、小林さんは「嬉しい、ようやく発売されたとホッとしています」とコメント。
足立さんは「CDというかたちで改めてお届けでき、肩の荷が下りた感じです」と話されました。
「デュエル・ギグ!vol.2」には、ゲームに登場する4つのバンドからそれぞれ2曲ずつ、合計8曲が収録されています。
今回のアルバムに収録された曲の組み合わせについて、足立さんはとある基準をもとに収録曲を選んだことを説明。
1曲はそれぞれのバンドの新たな一歩となる曲で、「こういう曲も作ってみよう」という挑戦の曲。
そしてもう1曲はラブソングなのだそうです。ただラブソングといっても広い定義でのラブソングで、誰かのため、何かのため、という視点で作った曲を選んだそう。
そんな種明かしがされると、OSIRISのボーカルとして歌っている小林さんからは「今、初めて聞いた」というリアクションが。
そのうえで、「だから今回、そういう曲だったんだ」とコメントしました。
というのも、OSIRISの曲はアップテンポなものが中心ですが、今回はスローテンポ、ミドルテンポの曲なのです。

収録曲の意外な裏話

アルバムの聴きどころや裏話について問われると、小林さんは「思い入れのある曲といえば全部なのですが」と前置きをしたうえで、『Way of Light』のタイトルについて語ってくれました。
というのも、『Way of Light』はもともと『メリーゴーランド』というタイトルで、小林さんはこの曲のことを「メリゴ」と呼んでいたそう。
曲が世間に発表される直前に『Way of Light』にタイトルが変わったものの、ご自身の中での「メリゴ」が抜けないのだそうです。
たしかに『Way of Light』の歌詞にはメリーゴーランドという言葉が入っているので納得ですね。
ちなみに『Way of Light』と、『Cross Wish』は2年ほど前に収録していた曲なのだそう。
メインの楽曲はかなり前に作って用意されていた曲ですが、ゲームが公開され物語が進みイベントが行われるにつれ、楽曲を収録してから世に出るスピードがどんどん早くなっているそうです。
足立さんが「小林さんがTwitterで『レコーディングしている』とつぶやいたら、その1か月後くらいにはゲームにその曲が登場しています(笑)」と教えてくれました。

大変だった曲は『Heavenly Breeze』

曲についての話題が続き、大変だった曲は、と問われると即座に『Heavenly Breeze』があがりました。
小林さん曰く「足立さん、何考えてるんだろうって思いました。とにかく高い(キーが)」とのこと。
どのくらい高いかというと、普通の男性が出すソの音の2オクターブ高いソですと小林さん。
しかもレコーディングの2日くらい前までは、もう少し低い音だったそう。
それが直前になり「この音出ますか?」と聞かれ、キーがどんどん高くなってしまったのだとか。
収録自体も10テイクほど録ったそうで、苦労が隠されている曲なのです。
いったいなぜそんなに大変な曲になったのかというと、その背景には小林さんの並外れた歌唱力があるそう。
足立さんは小林さんの高い歌唱力に「この人はどこまで歌えるんだろう?」という疑問を感じ、限界を知りたいからという理由で「すごく難しい曲を作って」というオーダーをしたのだそうです。
その結果出来たのが『Heavenly Breeze』。
その「ものすごく難しい曲」をさらに高いキーに変えて歌っている小林さん演じる高良 京は、プロデューサーの期待と想像の、更に上を行く歌い手であることが証明されました。

収録されているボイスドラマにも注目!

「デュエル・ギグ!vol.2」にはボイスドラマが収録されています。
このボイスドラマは、各バンドのメンバーがシャッフルされた組み合わせで登場しています。
この組み合わせはシナリオライターさんとの間で「既存のバンドメンバー同士の組み合わせだとネタがない。でも新しい組み合わせなら、こういう話が書ける。この人とこの人の組み合わせが見てみたい」という考えのもと実現した企画だそう。
「デュエル・ギグ!vol.1」にもシャッフルされたメンバーのボイスドラマがありますが、こちらは完全に登場するメンバーを抽選で選んだため、選ばれたメンバーが「ギターだらけ」「ドラムだらけ」「特定のバンドのメンバーがたくさんいる中に、違うバンドのメンバーが一人」というような、ツッコミどころの多いものになってしまったため、今回は抽選ではなく、「考えて」選んだ組み合わせなのです。
ちなみにこのボイスドラマの中で高良 京がシャウトする場面があるのですが、ここは高良 京演じる小林さんが「台本には叫ぶと書いてあったけど、京ならこうする!」と考えて自発的にシャウトに切り替えて演じたそう。
CDをお持ちの方は、小林さんが「京ならこうだ!」と演じたシャウト、もう一度聞き返してみて下さい。

ブースでは、「そうすけんチャーム」が大人気!

ブースではAGFのためのオリジナルイラストを使った各商品が販売されています。
この中で特に注目を集めているのが、そうすけんチャームでした。
『バンドやろうぜ!』ブースでは、AGF限定商品のトレーディング缶バッジ、アクリルマスコット&チャーム、缶入りステッカーセットが販売されています。
そのほかに、AGF先行販売のBLASTそうすけチャーム、OSIRISクラシックカーキーリング、Fairy April アリエスワッペン、Cure²tron スマホスタンドの取り扱いもありました。
このBLASTそうすけチャームは、ゲーム内に登場するバンド・BLASTの巻宗介が描いたイラストの犬「そうすけん」がなんと立体化してチャームになってしまったというもの。
もともと宗介の落書きが誤爆で拡散されてしまった、という犬で、ゲーム内で登場するキャラともちょっと違う立ち位置の「そうすけん」なのです。
そのそうすけんがなんと三次元化してグッズ販売されるということが発表され、ファンのあいだではAGF前からかなり話題になったという代物です。
今後も「そうすけん」はマスコット的にいろいろな場面に登場する可能性もあるかもしれませんね。

©BANYARO PROJECT
【INFO】
■『バンドやろうぜ!』公式HP:http://www.banyaro.net/

※本ページ掲載内容は2017年11月4日時点での情報によるものです。