オリジナルケースも魅力!手塚治虫ファン必見の『手塚ずかん』

オリジナルケースも魅力!手塚治虫ファン必見の『手塚ずかん』
Kyoto_Oga

キャララボライター

Kyoto_Oga

レポート

累計4万本を売り上げた「ずかんシリーズ」から、新たに『手塚ずかん』がラインナップされました。
まさに手塚治虫ファンにはたまらないハンコですね!
今回、「ずかんシリーズ」の仕掛け人である、株式会社岡田商会の取締役部長、岡山耕二郎さんにお話をお伺いすることができました。
『手塚ずかん』の魅力を存分にご覧ください!

人気の手塚キャラがハンコに!

「ずかんシリーズ」といえば、大ヒットした「ねこずかん」(https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/nekozukan/)をご存知の方も多いのではないでしょうか?
72種類の猫のかわいい絵柄から好きなものを選び、自分の名前を載せるオリジナルのハンコです。
インスタ映えすることもあり、多くのメディアで紹介されていましたね。
その「ねこずかん」を代表とする「ずかんシリーズ」の最新作として、今回『手塚ずかん』が発売され早くもSNSで話題を呼んでいます。

『手塚ずかん』で選べるイラストは第一弾として全18種類が用意されています。
アトム、ウラン、ブラック・ジャック、ピノコ、レオ、パンジャ、火の鳥、サファイア、ユニコといった、まさに手塚治虫作品を代表するキャラクターたちです。
第一弾ということは、第二弾もあるのか!?それは後ほど、岡山さんが語ってくれています。お楽しみに!

ハンコの種類はシャチハタ2種と印鑑2種の計4種。

シャチハタは、一般的で使い勝手の良い「シャチハタタイプ(丸型)」と、シヤチハタ株式会社の新商品であるスクエアネームを使用したおしゃれな「シャチハタタイプ(角型)」。ポンポン軽く押せて、つい押すのが楽しくなる使用感ですよ。

そして、印鑑は木の温もりを感じる「木彫りタイプ」と、シックで落ち着いた「黒水牛タイプ」。印鑑タイプは全国のほとんどの金融機関で、銀行印としても使えるそうです。大切な一本になること間違いありませんね!

印鑑の制作工程をのぞき見

印鑑の制作工程を拝見させていただきました。

お客さんからの依頼を画像編集ソフトに落とし込む作業では(写真左上)、書体と絵柄を確認しながら進めていきます。

出来上がったデータを彫刻機に流し込むと、そのデータ通り正確に彫り進めます(写真右上)。この彫刻機があるからこそ、キャラクターの細かいラインが再現できるんですね。

仕上げは、熟練された職人さんの手によって行われます。
2種類の紙やすりで表面を滑らかにし、墨うちで絵柄を浮き上がらせる(写真左下)。その後、印刀や仕上げ刀で形を整え(写真右下)、完成です!
今回は、この道37年という大ベテランの木村さんが担当されていました。笑顔が素敵な職人さんでしたよ。

製造工程を見ることで、印鑑の価値を改めて深く知ることができました。

パッケージにもこだわりが!

「世界観のある素晴らしいコンテンツを使わせていただく訳ですから、パッケージにはこだわりたいと思いました。」と語る岡山さん。
専属のデザイナーさんや、パッケージを製造している会社と何度もやりとりして、納得できるまで試行錯誤を繰り返し、完成に至ったそうです。

選べるパッケージは「紙筒ケース」(左下)、「透明ケース(ストラップ付き)」(右上)、「ボックスケース」(左上)の3つ。

「紙筒ケース」はシャチハタタイプ丸型、木彫りタイプ、黒水牛タイプで使用可。フタ部分を手で回せば、いろんなキャラクターが現れる仕様です。特筆すべきは、手塚作品にはなくてはならないヒョウタンツギが天面と底面に描かれていることでしょう。これはテンション上がりますね!

「透明ケース(ストラップ付き)」は、シャチハタタイプ角型専用のケースです。
「おしゃれなスクエアネームを採用するのであれば、パッケージもそれに合わせて凝りたくなりました」と岡山さん。スクエアネームにストラップの取り付け口があるのを見て、特典としてストラップを付けることを考えついたそうです。このストラップは好きなキャラクターを自由に選ぶことができるんだそうです。
例えば、ハンコはブラック・ジャックを選んで、ストラップでピノコを選ぶという、作品におけるペアを完成させることができます。ぜひ自分の好きなペアを作りましょう。
ストラップは絵柄のキャラクターと同じく全9種類です。

「ボックスケース」はセットのスペシャルパッケージです。漫画本をイメージして、ページをめくるようなデザインになっています。このこだわりこそ、『手塚ずかん』の魅力でしょう!

岡山耕二郎さんのインタビュー

ここからは「ずかんシリーズ」の仕掛け人、岡山耕二郎さんのインタビューをお届けします。

ーーー『手塚ずかん』の制作に至った経緯を教えてください。
今年の夏、自宅の近くにある手塚治虫記念館に家族で遊びに行った時、手塚作品が持つ本来の深さに感銘を受けました。それまでは、手塚さんの作品をただ好きという感じで読んでいたのですが、改めて触れると、手塚さんが漫画を通して伝えたかったことを感じることができました。それを多くの人に伝えたいと思い、自分ができることはハンコしかないので、次の日に、手塚プロダクションに電話して、「ずかんシリーズ」で手塚作品を扱わせて欲しい旨をお伝えしました。

ーーー次の日に(笑)?その行動力がすごいですね!
やりたいと思ったら、すぐに動いてしまうタイプなので(笑)。
電話したら、「東京ビッグサイトで「ライセンシング エキスポ ジャパン」という、キャラクターのライセンスを持つ企業と業者をマッチングするイベントがあるからおいで」という話を幸運にもいただき、東京へ向かいました。
担当者さんに「ずかんシリーズ」の現状や反響などをお伝えして、その後も話を進めることができ、契約に至りました。いま思うと、手塚さんの作品に感銘を受けたという素直な気持ちが相手に伝わったんだと思います。
しかし、商品化させていただくからには、手塚作品のキャラクターの魅力や世界観をしっかり伝える義務があると思って、パッケージまでも作りこまないといけないと思いました。妥協せずに、納得いくまでやろうと決めました。

ーーーだから、パッケージにこだわりが見られるのですね。ところで、今回のキャラクターはどのように選ばれましたか?
事前にSNSでアンケートを取りました。アイデアはお客さんからもらうというのが基本的なスタンスです。お客さんが欲しいものを作ることほどシンプルなものはないと思っています。
SNSで質問したり、投稿して反応を見たりして、人気上位の9キャラクターを選びました。
その後、他のキャラクターのハンコも作って欲しいという声をいただきまして、第二弾として、コアなファンも喜んでいただけるキャラクターの絵柄を作っています。ヒョウタンツギやオムカエデゴンスなんかもありますよ。第二弾は20種類以上です。

ーーーそれは、手塚ファンである筆者も欲しいです!
ありがとうございます。実は、『手塚ずかん』の表札バージョンも作り始めているんです。早ければ12月、遅くても来年の年明けにはリリースできると思います。表札の素材はタイルと金属の2種類があって、タイルタイプでは描けないキャラもあるのですが、金属タイプはハンコと同じ種類のキャラクターを考えています。ぜひ、楽しみにしていてください!

ーーー最後に、ハンコ作りを通して大切にしていきたいことを教えてください。
弊社では「義務を遊びに」というミッションを大切にしています。ハンコを押すという義務だけに使用するのではなく、用がなくても押したくなるものとして使っていただきたいと思っています。その方が、ハンコを大事にしていただけたり、愛着を持ってもらえるんです。それは「ねこずかん」を発売した時に、お客様から喜びの声をたくさんいただいて、改めてそう感じました。
ハンコ屋としての5年,10年先を考えた時に、喜んでいただけるハンコを作ることこそ価値があると思いました。これからも、もっと面白く、喜んでいただけるハンコを作っていきます。それが結果として、ハンコの価値を見直すきっかけになると信じています。

お客さんの笑顔のためには妥協しない岡山さんのひたむきさに、とても感銘を受けたインタビューとなりました。
ハンコは大切な場面に必要となるものだからこそ、心から愛せる一本を選びたいですね。

手塚ファン必見のスペシャルキャンペーン!

来年(2018年)は手塚治虫生誕90周年にあたるということで、「手塚ずかん」に関するスペシャルなキャンペーンが行われます。

「手塚ずかん」のいずれかの商品を、12月5日から12月25日までの期間中に購入された方に、なんと上記の年賀状が届きます。
これはスペシャル過ぎる!
アトムの柄の方が先着200名、どろろが入っている柄の方が先着100名なので、お早めにご購入くださいね。

年賀状の到着日は2018年1月1日~1月3日ごろの予定。

このキャンペーンをぜひ逃さないようにご注意ください!
【INFO】
「手塚ずかん」
https://www.rakuten.ne.jp/gold/hankos/tezukazukan/

※本ページ掲載内容は2017年12月2日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!