早くも家族連れに大人気!臨港バス80周年記念の新ゆるキャラ「りんたん」にフォーカス!

早くも家族連れに大人気!臨港バス80周年記念の新ゆるキャラ「りんたん」にフォーカス!
桜井恒二

キャララボライター

桜井恒二

レポート

川崎鶴見臨港バス株式会社(以下、臨港バス)が18日、創立80周年を迎え、新キャラクター「りんたん」を発表しました。今回は、翌19日に開催されたバス運賃の一日無料デー(羽田空港線、アクアライン運行路線、横浜東扇島線などの空港中距離路線、日95系統 新川崎日吉線[東急バスとの共同運行]は除く)に赴き、「りんたん」誕生の経緯や狙い、反響、今後の展開などについて迫りました!

臨港バス発のゆるキャラ「りんたん」が登場!19日は運賃無料デーを開催

今回お披露目となった新キャラクターは、かつて臨港バスがシンボルマークとして愛用していた鶴をモチーフとしたゆるキャラ。10月6日から名前が一般公募され、18日の創立記念日に塩浜営業所で実施された記念式典にて、名前が「りんたん」であると発表されました。そして19日には、川崎や横浜市内の均一区間で運賃無料デーを展開しました。

式典に合わせて18日から運行がスタートした80周年記念号は、「乗っていて楽しいバス」と「地域と連携したバス」をコンセプトに、「りんたん」と合わせて様々なデザインが施されたラッピングバス。営業所ごとに音楽の街・川崎や夢見ケ崎動物公園、飛行機と臨海部の工業地帯、「めがね橋」が愛称の響橋など各テーマに沿った、目を引く車体全体のカラーが印象的です。

ナンバープレートには、東京オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバープレートを採用。ナンバーは創立記念日にちなみ「11-18」を採用しています。

今回は、運賃無料デーの19日を筆者も体験。バスに乗車すると、運賃箱に「0円均一」と表示されており、
バス運転士「本日は運賃が終日無料です」
乗客「え!? そうなの?」
というやり取りが幾度となく繰り返されているのが印象的でした。

オープンイベントでは家族連れに人気で長蛇の列!ノベルティーグッズもすぐさま品薄に

無料のバスに乗ってゆらりゆらりと移動し、大型商業施設「トレッサ横浜」へ到着しました。
こちらでは「りんたん」のお披露目イベントを開催。14時と15時の2回、「りんたん」が初々しく登場し、近隣住民と交流しました。
どちらの回も、「りんたん」が登場するや、すぐに人だかりができる人気ぶり。家族連れを中心に、写真撮影のために長蛇の列が出来上がりました。

イベント会場ではまた、「りんたん」をデザインしたペンスタンドやシールなどのノベルティーを配布。こちらも人気を博し、あっという間に品薄となりました。
筆者も運良く間に合い、何とかノベルティーをゲット。りんたんのかわいらしいデザインが目を引くアイテムです。

「りんたん」誕生のきっかけは?臨港バス担当者に直撃!

19日のお披露目イベントでは、出来たてホヤホヤの「りんたん」についてさらに知るべく、臨港バスの経営管理部総務課長・飯田圭一氏に話をうかがいました。飯田氏も「りんたん」の人気ぶりに驚きを隠せない様子です。

「昨日の記念式典の中でも初めて登場して、『一緒に写真撮りたい!』『触って気持ちいい』っていうお子様・お母様がいらっしゃいました。オープンな場所に出るのは今回が初めてで、撮影でこんなに長い列ができるほど人気になるとは驚きです。グッズ販売で行列ができることはありましたが、これまでとはまた違った新たなお客様、親子連れの皆さんにこんなに多く集まっていただけたのは予想以上です。出だしは好調かなと思います。19日は、バス運賃を1日無料という大盤振る舞いを敢行。「これまで当社が80年やってこれたのも、何よりお客様のおかげ。1日無料にするのはすごく大変なことですが、感謝の気持ちを表したいと思い、思い切ってやりました。バスを利用して『こういうところにも行けるんだな』『こういう使い方もできるな』と知って頂くきっかけになればと思っています。また、臨港バスに乗ったり見たりする機会がなかった方も、『キャラクターバスを見たい』と当社のバスを利用するきっかけになれば嬉しいです」と笑顔を見せました。

「りんたん」誕生の背景は?
「当社は今までイメージキャラクターとかロゴマークとかそういったものがなかった。これからロゴとかキャラクターなどしっかり作って世の中に広めていきたい部分があり、創立80周年を迎えたことを機に作りました」

名前は公募で決まりました。全国から何通の応募があったのかたずねると「重複するものも含めて、1264件です。おかげさまで新聞とかネットニュースとか色んなところに取り上げられたり、車内バスの広告を見たりして募集を見た方が応募してくださいました。非常に多くの応募があり、大変感謝しております」と述べました。

「りんたん」が鶴をモチーフにしたキャラクターであることに関しては「当社は『鶴見臨港バス』と社名の中に“鶴”が入っています。あまり一般に知られていないかもしれませんが、社紋も鶴のデザインです。デザイナーさんには『鶴をデザインに取り入れてください』とは言ってはいないのですが、これまでのイメージを踏襲するものとして鶴をモチーフにしたのだと思います」と説明しました。

色んなデザイン案があった中、ゆるキャラを選択した理由は?
「キャラクターデザインは、カッコいいものなど含め、いくつか案がありました。社内投票を行った結果、現在のゆるキャラが選ばれました。バス会社特有の堅苦しいイメージを払拭する意味では良いキャラクターだと考えています」

「りんたん」をデザインしたラッピングカー4台が、18日にお披露目され、19日から本格的に路上走行をスタート。「明確なスケジュールはまだ決まっていませんが、しばらく、最低1年はこのラッピングカーを運行するつもりです。人気があれば、もう少し先まで走ることもあると思います」

それでは、今後の展開は?
「11月25日に『バス利用感謝デー2017』が横浜の赤レンガ倉庫で開催され、県内のバス会社が集まってバスを展示します。他社さんでもキャラクターを持っている会社さんはいらっしゃいますし、当社も『りんたん』を披露する予定です。それ以外にも、色んな場所へ登場してもらう機会があると思います。グッズ販売も色々検討しておりまして、25日のイベントでも販売・配布するものがあります。ぜひ楽しみにしていてください」

今回、華々しいデビューを飾った臨港バスの新ゆるキャラ「りんたん」。これからの活躍に期待です!
■ラッピングバス運行開始日
2017年11月18日(終了時期は未定)

■問い合わせ先
川崎鶴見臨港バス株式会社 
総務課 電話:044-280-3421

※本ページ掲載内容は2017年11月19日時点での情報によるものです。

他の記事をチェック!