3期の激闘を振り返る!弱虫ペダル4期開始に先駆け『弱虫ペダル GLORY LINE』放送直前 TVアニメ第3期名エピソード上映イベント Vol.3」開催

3期の激闘を振り返る!弱虫ペダル4期開始に先駆け『弱虫ペダル GLORY LINE』放送直前 TVアニメ第3期名エピソード上映イベント Vol.3」開催
Tokyo_Ishino

Tokyo_Ishino

レポート

12月10日、東京都港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズ(SC7)TVアニメ「弱虫ペダルTVアニメ第3期名エピソード上映イベント Vol.3」が開催されました。2018年1月8日からは第4期となる『弱虫ペダル GLORY LINE』の放送も決定しており、会場では4期の新PRビデオも公開。
青八木一役の松岡禎丞さんと鏑木一差役の下野紘さんによるトークショーも開催され、弱虫ペダルファンにとっては大変盛り沢山なイベントになりました。

松岡禎丞さんと下野紘さんによるトークショーで会場は大盛り上がり

今回のイベントで上映されたのはアニメ3期の第19話と第20話。今回のゲストである松岡禎丞さんと下野紘さんが演じる青八木一と鏑木一差の二人にスポットが当たる回になります。
弱虫ペダルの1期から参加をしている松岡さんと、3期から参加した下野さん。声優としては下野さんが先輩に当たりますが、作中では松岡さんの演じる青八木一が先輩ということもあり、「実際の先輩後輩関係を意識したか」という質問がありましたが、2人とも「演じる時はそういったことは全く考えない」とのことでした。

下野さんには「鏑木一差をどんなキャラだと感じるか」と言う質問に「バカで不器用だけどそこが良い」と下野さんが感じる魅力を語りました。

またアフレコ現場でのエピソードでは19話と20話で青八木一と鏑木一差が対決した小野大輔さん演じる銅橋正清にストーリーで負けた時は本当に悔しかったとのこと。下野さんは原作を読んでその先を知っていたけれども「本気で勝つつもりで演じていた」と役への入れ込みを語っていました。

特に弱虫ペダルの現場は熱が入った演技が多く下野さんは事務所に「弱虫ペダルのアフレコの後は、エネルギーが無くなるので、できるだけ次の仕事を入れないで欲しい」と要望していたことも明らかにしました。
2人による弱ペダ愛が存分に語られ、集まったファンから時には笑いが、時には感心する声が挙がるトークショーになりました。

■上映されたPRビデオを固唾を呑んで見守る松岡さんと下野さん(画像)

アニメ4期は最初からクライマックス展開!

トークショーの中ではもちろん1月から始まるアニメ第4期のことも話題に上がりました。3期はファンにとっては本当に先が気になるシーンで終わっただけに、4期を待ち望んでいる声も大きくなっています。

松岡さんと下野さんの4期のアフレコはまだ行われていませんが下野さんいわく「最初からクライマックスで始まる」というストーリーだけに第1話から目が離せない仕上がりになりそうです。

これまで通算3期と映画という長丁場作品となっている弱虫ペダル。4期中には90話、100話を突破することも確実であり、「サザエさんのように長く続けたい」と松岡さんからの意気込みも。
トークショーの締めは二人による4期への意気込みが語られ「見どころにある人間ドラマに注目して欲しい」(松岡さん)「一人ひとりにスポットが当たっていくのが魅力」(下野さん)とファンにとってはより期待が高まるコメント。そして二人で「ファンの方には期待をして欲しいし、演技でその期待を上回る作品にしたい」と力強い言葉でトークショーが締めくくられました。

■総北高校のサイクルジャージを持つ下野紘さん(画像左)と松岡禎丞さん(画像右)

【INFO】
公式サイト:http://yowapeda.com/

—–
■会場
『弱虫ペダル』 TVアニメ第3期名エピソード上映イベント Vol.3
106-0032 東京都港区六本木6丁目10−2
六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内
【開催日時】2017年12月10日(日)

※本ページ掲載内容は2017年12月10日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!