忍術学園 文化祭に行こう!の段

忍術学園 文化祭に行こう!の段
MARY

MARY

レポート

2017年、アニメ放送25周年を迎える『忍たま乱太郎』が、ソラマチで文化祭を開催しています。
その名も「忍術学園 文化祭に行こう!の段」。
原作者の尼子騒兵衛先生の原画や年賀状など魅力あふれる展示が盛りだくさん。気になるイベントの詳細をいち早くレポートします!

忍たま乱太郎の25年分の歴史がギュギュっと凝縮

会場は、スカイツリーのお膝元、東京ソラマチの5Fスペース634です。
入るとすぐに忍たま乱太郎に登場する各委員会の等身大パネルが出迎えています。
保健委員の乱太郎に、図書委員のきり丸、しんべヱは用具委員でしたね。9種類の各委員会のメンバーを振り返りながら、さっそく入場してみましょう。

アニメ「忍たま乱太郎」の世界観あふれる展示が魅力

1:まずはじめに登場するのが、アニメに登場する人気声優たちのサインパネルです。ここもそれぞれの委員会ごとに額分けされているんですよ。
2:そして振り向くと、かつての番組ポスターの展示もあります。「そうそう、昔は夕方の5:50~6:00だったな~」なんて、大人もふと子供のころの夕飯前のひとときを思い出しちゃいますよね。
3:奥にはアニメタイトルが全話紹介されているパネルもあります。たった10分間のアニメとはいえ、25年という歳月ってすごいなぁと改めて驚かされます。

【INFO】
■イベント名:忍たま乱太郎 アニメ放送開始 ★祝25年!「忍術学園 文化祭に行こう!の段」
■期間:2017 年4月29日(土)~5月7日( 日)
■営業時間:10:00 ~18:00
※最終日は声優イベント開催のため、展示とアトラクションは13時で閉場予定(最終入場は12:30となります。)
■場所: 東京ソラマチ イーストヤード5階 スペース634
■入場料:大人 ¥500(中学生以上) 子ども 無料(小学生以下)     
※ただし小学生以下は保護者同伴
■限定グッズ付き入場料:¥2000(各日300名限定)   
限定グッズは、飛び出すイラスト集です。
第一弾 4/29~5/3・第二弾 5/4~5/7でデザインが変わります。     
※アトラクションは1ゲームにつき別途料金が発生します。

関連記事

他の記事をチェック!