Charalabo

【キャララボ】アニメ・キャラクターの商品・イベント情報をイチ早くお届け

NEWS

「鈴木敏夫とジブリ展」まもなく開幕!”おふきmini”付きチケットに注目♪

ライター: Masaki Takahashi
 ※最新の情報と異なる場合があります
「鈴木敏夫とジブリ展」まもなく開幕!”おふきmini”付きチケットに注目♪

2022年4月23日(土)~6月19日(日)の期間、京都文化博物館にて「鈴木敏夫とジブリ展」が開催されます。今回の展覧会のグッズ付き鑑賞チケットにSOO -ソマル- のおふきminiが採用され、セブンチケットにてオリジナル柄おふきmini付きチケットが販売されています。

物販スペースでオリジナル柄おふきの販売も

オリジナル柄おふきmini
オリジナル柄おふき

京都文化博物館で開催される「鈴木敏夫とジブリ展」は、高畑勲・宮﨑駿両監督と共に、世界を代表する数々のアニメーション映画を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫氏が、戦後の名古屋で育ち、昭和から平成、令和の時代を駆け続ける中で「読んできた本」と「その時代背景」に注目。
子供時代から読んできた漫画や小説、青春時代を経て、社会に出てから今もなお旺盛な好奇心で読み続けている歴史本やノンフィクション、評論本などを通じ、鈴木氏がその作品や作家からどんな影響を受け、自身の思考術へとつなげていったのか、そしてどのように作り手と向き合い、編集者、プロデューサーとしてスタジオジブリ映画を確立していったのか。この答えを鈴木敏夫氏の血肉となった8800冊の書籍や映画作品を通じて探ります。
オリジナル柄おふきmini付き鑑賞チケットは、京都の伝統産業「京友禅」ブランド SOO-ソマル- が素材の絹にこだわった「おふきmini」に、鈴木敏夫プロデューサーの書やメインビジュアルを京友禅で染め上げました。これぞ ” made in 京都 “ グッズ!
展覧会会場内物販スペースではオリジナル柄おふきの販売も!

Information

<「鈴木敏夫とジブリ展」開催概要>
展覧会名:鈴木敏夫とジブリ展
会期:2022年4月23日(土)〜6月19日(日)
休館日:月曜日※ただし4月25日(月)、5月2日(月)は臨時開館
開室時間:10:00~18:00※金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
会場:京都文化博物館4階・3階展示室(京都市中京区三条高倉)
URL https://www.bunpaku.or.jp
入場料(税込):一般・大学生1,600円(1,400円)、中・高校生1,300円(1,100円)、小学生1,000円(800円)


※()内は20名以上の団体料金
※前売券は2022年2月19日(土)10:00~4月22日(金)まで販売(会期中は当日券のみ)
※未就学児、障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方は1名まで無料(要証明)
※学生料金で入場の際は学生証をご提示ください。
※上記料金で2階総合展示室と3階フィルムシアターもご覧いただけます。(フィルムシアターは催事により有料の場合があります。)
※新型コロナウィルス感染症の状況により、予定を変更する場合があります。
※チケットに関するお問合せは、各プレイガイドにお問合せください。


オリジナル柄おふきmini付き鑑賞チケット
チケット料金(税込)/一般のみ当日2,200円、前売2,000円
販売期間/2月19日(土)~6月19日(日)
セブンチケットにて販売。「おふきmini」付きは無くなり次第終了。


主催:京都府、京都文化博物館、読売テレビ、読売新聞社、キョードー関西
特別協賛:au
協賛:図書印刷
特別協力:スタジオジブリ
企画協力:ムービック·プロモートサービス、博報堂DYメディアパートナーズ
展示協力:ア·ファクトリー
お問合せ:075-222-0888(京都文化博物館)
展覧会公式HP:https://suzukitoshio-ghibli.com/


※本ページ掲載内容は2022年4月18日時点での情報によるものです。

関連記事

人気記事

TOP
PageTop