「アニメージュとジブリ展」松屋銀座で開催!オリジナルグッズ約150点が大集合

「アニメージュとジブリ展」松屋銀座で開催!オリジナルグッズ約150点が大集合
Masaki Takahashi

Masaki Takahashi

イベント

松屋銀座は2021年4月15日(木)~5月5日(水・祝)の期間中、『「アニメージュとジブリ展 」一冊の雑誌からジブリは始まった』を8階イベントスクエアで開催します。3月27日(土)10時から前売りチケットを販売中。

構想段階の「青色の毛並みのテト」がぬいぐるみに

ぬいぐるみ(テト 11,000円・王蟲 14,300円) 限定BOX入り
五彩織バスタオル 8,800円 サイズ(約)W120㎝×H60㎝
ゴブラン織りタペストリー 16,500円 サイズ(約)W136㎝×H82㎝
マルチケース(風の谷のナウシカ 天空の城ラピュタ) 各3,300円

数々のヒット作を手掛けてきたスタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫氏の、“編集者”としての側面に焦点をあて、スタジオジブリの原点を振り返る展覧会。鈴木氏は日本初の本格的な商業アニメーション専門誌「アニメージュ」を1978年の創刊から中心となって支え、『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』に象徴される日本で最初のアニメブームを盛り上げた立役者の一人でもあります。
アニメージュで様々な実験的な試みを行う中で、高畑勲、宮崎駿両監督と運命的な出会いを果たし、『風の谷のナウシカ』を世に送り出しました。そして、編集者でありながらスタジオジブリ誕生への道筋をつくったのです。

 

作中の象徴的なシーンがグッズに

 

展覧会中は、1983年11月号のアニメージュに掲載された構想段階の青色テトを再現したぬいぐるみや、映画『風の谷のナウシカ』のオープニングデザインのタペストリーなど約150点の展覧会オリジナルグッズを販売。テトは茶色の毛並みで知られていますが、『風の谷のナウシカ』構想の段階では青色の毛並みで描かれていました。今回はアニメージュにちなみ、青色の毛並みのテトを販売します。
ほかにも、『風の谷のナウシカ』のオープニングに登場するイラストがデザインされたゴブラン織りタペストリーや、奇妙で美しい腐海植物や緑に囲まれたラピュタ城がデザインされたアイテム、作中の象徴的なシーンを抜き出しシルエットで表現したデザインのアイテムも登場します。

その他グッズ①

ツバメノート 495円
スクエア缶バッジ 各440円
ロゴ缶バッジ 各330円
木製ブローチ (左:天空の城ラピュタ、右:風の谷のナウシカ)各1,320円

【INFO】
【公式SNS】
Twitter:@animage_ghibli
Instagram:@animage_ghibli

 

【チケット販売について】
本展の入場は全日日時指定制となります。事前に来場日時を決めてチケットをご購入ください。なお、各日時数量限定のため入場日時により完売の場合があります。

 

・入場日時指定券
【前売】一般 ¥1,300/高校生 ¥800/中学生 ¥600/小学生 ¥400
【当日】一般 ¥1,500/高校生 ¥1,000/中学生 ¥800/小学生 ¥600
※日時指定券や日時指定入場整理券をお持ちでない方のグッズコーナーのみの入場は不可となります。
※4/15(木)以降は、全日程、当日料金となります。なお、前売時に完売した場合は当日券の販売はありません。
※松屋カード・松屋ゴールドカード・松屋友の会カード・株主お買物優待カード・障害者手帳をお持ちのお客様は別途「日時指定 入場整理券(無料、抽選)」があります。申し込み方法は松屋ウェブサイトをご覧ください。

 

・販売スケジュール
一般販売:【前売】3/27(土)10:00~ 【当日】4/15(木)0:00~各日、各入場開始時間迄
※先着順となります。

 

・購入方法
ローソンチケット(Lコード37000)にて販売
※詳細はローソンチケットウェブサイト(https://l-tike.com/event/animage-ghibli/)より確認できます。

 

【展覧会概要】
名称:『「アニメージュとジブリ展 」一冊の雑誌からジブリは始まった』
展覧会公式HP:https://animage-ghibli.jp/
会期:2021年4月15日(木)-5月5日(水・祝)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
開場時間:午前10時30分-午後7時30分《日時指定制》
(最終日は午後5時閉場、入場は閉場の30分前まで)
※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により営業日・営業時間が変更となる場合があります。
詳しくは松屋ウェブサイトをご覧ください。
企画制作:株式会社ニュートラルコーポレーション
企画協力:株式会社スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館
協力:株式会社徳間書店、マクセル株式会社

 

© 1984 Studio Ghibli – H© 1986 Studio Ghibli© 1988 Studio Ghibli© 1989 Eiko Kadono – Studio Ghibli – N

 

※本ページ掲載内容は2021年3月25日時点での情報によるものです。

関連記事

他の記事をチェック!